きのこの世界、踏み込んでみる?

一番下のコメントへ

農業大学で、「きのこ」等の菌類を研究する三枝教授の研究室に、何故か連れて来られた新入生の天谷。さあ、楽しいきのいきのこ講座の始まりだ!……って、頼んでねぇよ!


小学二年生の舞ちゃんにいざなわれて、素敵な紳士風の三枝教授から、半ば強引にきのこの知識をレクチャーレクチャーされていく天谷。

教授と舞ちゃんのきのこ愛は熱烈で、天谷はとてもついていけない。でもそんな素人の彼が、細かく強烈なツッコミを入れることで、オタクのしょうもない拘りを笑いにしてくれるので、読んでいて飽きない。

同級生とのやりとりから、または生活の中から生まれた「きのこ」に対するよくある疑問が、三枝教授によって解説され、きのこの知識が増えるのも楽しい。

農大の描写は、例えば『もやしもんもやしもん』(石川雅之石川雅之先生)と同様に、普通の大学とは違う独自の文化が見られて、大学生活漫画としても今後、期待できるかも。

とかく分かりにくく、興味はあっても取っ掛かりのない「きのこ」の世界の入門書として、楽しく分かりやすく、何より「情報が正しい」、貴重な一冊となっている、と思う。

(1巻の感想。今後、野外で観察する回があることを望む!)


最後に、一介のきのこ好きとして、参考文献の頻出人名を少しだけ紹介させて下さい。

●伊沢正名…きのこ写真のパイオニア。古い図鑑は基本、この方の写真で構成されている。

●大作晃一…白バックの、図鑑用きのこ写真撮影の技法を確立。近年の美しい図鑑はこの方の労力の賜物。

●新井文彦…阿寒湖を中心に、きのこと、きのこのいる風景を撮影する写真家。ひたすらに美しい写真。

●小宮山勝司…きのこ好きが集まるペンションを経営し、自身の名前で図鑑も出される程のきのこ通。

保坂健太郎保坂健太郎…きのこが専門の、国立科学博物館の研究者。面白そうなきのこの本や企画には、この方がよく絡んでいる。

●飯沢耕太郎…写真評論家として著名だが、きのこに関しては、きのこの文学や切手の蒐集家として有名。

●堀博美…きのこライター。図鑑では得られないきのこ知識を網羅した『きのこる』は名著。

農業大学で、「...

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー