🔔10月のマンバの配信は「1巻応援」
一番下のコメントへ

前作『女帝』で銀座の女帝になった母・彩香を超えようと〈祇園の女帝〉を目指す主人公・明日香の物語。

(1)第1話の冒頭、キスの途中で一線を越えようとしてきたボーイフレンド・康平の舌を噛みちぎる(その後も康平は普通に会話を続ける)。

(2)まだ舞妓になる前の見習い修行中の段階でヤクザの抗争を止めたキーパーソンになり、祇園に血が流れるのを防いだとしてその名が広まる。

(3)兄妹の契りをしたヤクザの息子・武士と恋仲になるも、(2)で主人公を襲うヒットマンを射殺した為に刑務所に入る。捨て台詞「臭いメシ食ってくるわ!」

(4)舞妓になった明日香、いろいろ頑張る(屋形のおかあさんとのやり取りはちょっと朝ドラっぽい)。

(5)芸妓になる前に水揚げ(処女を買ってもらう)をする決意をしたが、相手が日本のフィクサー(明日香のピンチを救った恩人でもあるけど見た目が強烈)で…。

(6)無事に芸妓になり祇園の女王と呼ばれる日も近いと思いきや、ヨン様似のスケコマ師(!)に割と簡単に騙される。

(7)出所して二代目になった武士と結ばれるも若手歌舞伎役者とも関係を持つ等、色恋に翻弄されまくって本当に明日香は女帝になるのか…?と心配になる。

(8)めちゃくちゃシャワーシーンが多い。

(9)親友であり良きライバルであった芸妓・三千歳の裏切り、恋人・武士との別れを経験し、母・彩香と和解する。

(10)日本をアメリカから救う。

(11)明日香の後を追って高校を中退し祇園で板前修行をしていた(1)の康平がなんやかんや一番いいキャラだった。

明日香が考え事をするのがいつも風呂なのでシャワーシーンが多いんだよ。本当に一話に一回のペースでシャワーシーンが続く。風呂、風呂、風呂…だよ。

女帝花舞〜京ふたり読んだよ。 https://manba.co.jp/topics/29133

女帝花舞〜京ふたり読んだよ。 https://manba.co.jp/topics/29133

@名無し

完結からだいぶ経ってたのか明日香の顔を描くのが下手になってるよね…。

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー