エロくて爽やかなヴィヴェスの胸キュンマンガ

一番下のコメントへ

バスティアン・ヴィヴェスバスティアン・ヴィヴェスの線はとにかくなんかエロいです。
特別性的なビジュアルを志向している画風でもないのに(巨乳のキャラクターは多いけど)なぜかエロい。そして爽やかです。
エロいのに爽やか。

年上のひと年上のひと』はそんなヴィヴェスの「エロ線」の魅力がこれでもかと詰まった作品です。
自分より3つ年上のエレーヌに13歳の少年アントワーヌが抱く憧れ、友情、恋心、欲望…そのいずれとも完全に分けきれぬ複雑な心情を表現するのに彼の線以上にふさわしいものはないように思えます。フランスの10代のリアルみたいなのがすごい。

また、この作品が素晴らしいのはエロいだけじゃなくて、優しさも溢れていることです。
アントワーヌもエレーヌもそれぞれ孤独やさびしさを抱えています。
お互いがそっと寄り添うことで優しさを分かち合う、思春期のピュアさがじんわり沁みてくる…。

エロさあり、やさしさあり、妙なナマナマしさありでヴィヴェス史上最高の胸キュンマンガです!

コメントする
reread
また読みたい
フォロー

このクチコミをフォローしているユーザー

banner