元南極観測隊の小学館社員にインタビューしてみた。

観測隊って何する人か細かいことは知らないけどなんかペンギンとかオーロラとかロマンあるよね〜てなことを考える人は多いのでは。
著者の秀良子秀良子先生が打ち合わせで南極観測隊に興味があると話したところ、なんと小学館の社員に経験者が…!そんなことあるのかと思ったら本当だった!

その詳細が実に面白い。
募集要項はPC作業ができればOKくらいの感じだったのに、実際は山岳のプロ並みの経験が必要だった。にもかかわらず、採用。さすが小学館ですね。
オーロラが出すぎて飽きるとか、季節を意識するためにお花見したり鯉のぼり飾ったりという話がリアル。1年という期限付きなら、行ってみたいと思いますよね。
(お給料どのくらいもらえるのかなー…)

コメントする
reread
また読みたい
フォロー
icon_book
1巻を試し読み

このクチコミをフォローしているユーザー