近未来の東京が舞台の"忍法"アクションが開幕

一番下のコメントへ

オリジナリティはあまり感じない一方、好きな物のごった煮といった類の面白さのある新連載。
独特のリズムと言葉選びのセンスがあるので、洗練されてくればチェンソーマンチェンソーマン呪術廻戦呪術廻戦に次ぐ「ジャンプの次世代」を思わせる作品になりうるポテンシャルは感じます。
それと、ここ最近の新連載のなかでは飛び抜けて絵が洗練されてます(必殺技「反発の右手」「雷撃」の構図からは若干の既視感)

少年漫画らしく「仲間」という言葉が主人公の口から出てきますが、「面子を大事にする」ところから読み取るに、どちらかというとマフィアとかの"ファミリー"というニュアンスが感じられます。穿ち過ぎかもしれませんが、ONE PIECE モノクロ版ワンピース以降少年誌で闇雲に使われてきた「仲間」という言葉に、初めて一本芯が通ったような気がしました。

第一話は衝撃的だったけど、第二話はこぢんまりとした感じ。
それでも分かりやすくデフォルメされたモブ悪役キャラとか、勧善懲悪な展開にすごくエンタメ性を感じる。

ジャンプ次世代わかる
ファミリーと言う言葉、納得!
できれば打ち切りレースから逃れて骨太作品になって欲しい
忍でアクション漫画はやっぱりいいな

コメントする
reread
また読みたい
フォロー

このクチコミをフォローしているユーザー

banner