極めつけの短篇集

一番下のコメントへ

星野之宣星野之宣の短篇連作といえば、『2001夜物語2001夜物語』がまず思い浮かびます。ハードSFマインドをリーダブルダブルで感動的な物語に詰め込んでいて、本当に素晴らしい大名作です。(SFっぽいセンスで描かれた漫画は多いのですが、星野之宣は折り目正しい「ハードSF」なんですよね、それがすごい)

でも、個人的に思い入れが強いのは、ヤングジャンプヤングジャンプに連載されていた『妖女伝説妖女伝説』!
SFはもちろん史劇や伝奇など手を変え品を変えた多様なテーマを、実に平明で丁寧なドラマに織り込んで、しかもそれを、あの無類に「端正」な絵柄で見せてくれる。
良質、ハイ・クオリティー、佳品…そういう表現が本当にぴったり。

短篇漫画を読む悦びを、これだけビンビンに感じさせてくれる作品集はないです。

自分は十代の中頃に、この作品を何度も読み返すことで、「物語感覚」のようなものを学ばせていただきました。
その「感覚」は一生の宝物だと思っています。

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー