第一話からぶっ飛ばしてて面白いSFアクション

一番下のコメントへ

第一話からぶっ飛ばしてて面白かった。
辺獄のシュヴェスタ辺獄のシュヴェスタ
不朽のフェーネチカ不朽のフェーネチカ
竹良実竹良実、最新作

天涯孤独・30歳男性に届いたのは世界を守る公務員の採用通知。
それは、25年前から世界各地に襲来し始めた未知の生命体「亞害体」を水面下で撃退する組織だった。
行ってみるとそこには、不良、オタク、コミュ障等、社会不適合者がずらり。
人型のロボット兵器「RIZE」と神経接続によって遠隔操作し、誰かの役に立つべく、地道に頑張る主人公だったが・・。

わりとガッツリSF感あって楽しい。
いまのところ主人公がとてもいい人に見えるし、地味に頑張っているので応援したくなるのだが、どこかにでっかい落とし穴がありそうでめちゃくちゃ怖い。
希望を胸に抱き、ここで幸せを掴もうと最初は頑張ってるが、そんなんじゃないとどこかで絶望してしまうはず・・こわい・・報われてほしい・・でも絶望もしてほしい・・。

痛みはダイレクトに伝わってくるが、「通信機」を破壊されるまで死なない身体をどう使うのか、第一話の見所だ。
そして後出しで告げられる大事なルール。
やはり闇は彼にしっかりと寄り添っていた。

亡くなった両親の直接の描写は無く、言葉で語られるのみなのも実は意味があるんじゃないかと勘繰ってしまう。
幸せな人生にしなきゃと自分のためのように見えてあくまで人の願いのために頑張ってきて、素直でいい人すぎる主人公がどうなるのか見ものだ。

コメントする
08/12(水)まで
読める!
reread
また読みたい
フォロー