これからも残っていくであろう名作

一番下のコメントへ

最初の数ページで物語のスケールの大きさに驚き、気がつけば物語の世界に取り込まれている。クジラに飲まれて、死骸の中からΠが出てくるシーンは、壮大な自然の中、それとは無関係な次元に生きている存在であることをさらりと理解させる名場面だった。
随所で出てくるラップは膨大な時間を生きる中で出てきた感情がただの言葉でなく、音楽的に自然にでてきたことを表してるだろう。
そんな不死の彼らが出会うのが、宇宙から来た女性だ。その母体から生まれた子供と会うことで、不死の彼らは「生」の意味を真に学んでいく。
マンガ表現もテクストも非常によく練られた、繊細だけれどスケールの大きい素晴らしい漫画。

冒頭のすさまじい時間経過を描く1話を読んでやられました。ほのぼのとした絵なのでゆるい話かと思いきや、壮大な時間経過があって頭の中が「???」となり、1話だけで数回繰り返して読んじゃいました(笑)

分かります。ゆるい話と思いきや、あまりのスケールの大きさに茫然としてしまいますよね(笑)
私もお試しの一話無料は数回くらい読んだ覚えがあります。ストレスフリーに何度も同じ話が読めるってのがまたすごいですよね!

コメントする
icon_reread
また読みたい
フォロー