甲斐谷先生の最高傑作(だと思う)

一番下のコメントへ

LIARGAMEGAMEで有名な甲斐谷先生だけど、個人的には断然こっち。野球×ギャンブル漫画。
沖縄の賭け野球で無敗だった主人公が、打者一人を打ち取るごとに500万円上がり、失点するごとに5000万円下がる、完全出来高制のワンナウツ契約を結び、プロ野球界に入っていく話。主人公は人の心理を読み取ることにかけては悪魔級だがストレートしか投げれない。しかも契約者である味方側のオーナーの妨害もあり.....。読み始めたら一気に引き込まれる作品
反則合戦、堪らない。

凄い傑作だと思うのだけれど、
・スポーツ漫画とか野球漫画とかギャンブル漫画とか、
 ジャンル分けしにくい。
 なので、扱い方というか評価の仕方が難しい。
・面白さを言葉では説明しがたい
ってことなどから、いまいち世間に面白さが
浸透していない感じがしますね。
読み始めたら止まらなくなるのだけれど。

凄い傑作だと思うのだけれど、 ・スポーツ漫画とか野球漫画とかギャンブル漫画とか、  ジャンル分けしにくい。  なので、扱い方というか評価の仕方が難しい。 ・面白さを言葉では説明しがたい ってことなどから、いまいち世間に面白さが 浸透していない感じがしますね。 読み始めたら止まらなくなるのだけれど。

凄い傑作だと思うのだけれど、 ・スポーツ漫画とか野球漫画とかギャンブル漫画とか、  ジャンル分けしにくい。  なので、扱い方というか評価の仕方が難しい。 ・面白さを言葉では説明しがたい ってことなどから、いまいち世間に面白さが 浸透していない感じがしますね。 読み始めたら止まらなくなるのだけれど。

@名無し

たしかにジャンルが不明瞭で入りにくいっていうのはありそうですね~
傑作なのは間違いないし、アニメの完成度も高かったので、タイミングというか運さえ良かったら、かなり流行った気もするんですが……。
読み始めたら止まらないのは本当にそうですよね。実際、いまのところ漫画好きの友人に勧めてハズれたことないです!

コメントする
reread
また読みたい
フォロー
banner