ネタバレキングダムを超える歴史絵巻

主人公の立ち位置が独自すぎる。
父を殺された少年=主人公=トルフィンは殺した側の軍団に入りながらも
リベンジの機会を狙う…が読み手の予想は巻が進むごとに覆され、登場キャラへの認識がページを捲る度に変わっていく。こんな作品は珍しい。

コメントする
また読みたい
フォロー

このクチコミをフォローしているユーザー

store