ネタバレ『カイテンワン』の秀逸な雑誌柱コメント

カイテンワンカイテンワン』は本編も面白いんだが、担当編集が考えていると思われる柱のコメントも面白い。1・2話はわりと普通だったんだけど、3話がめちゃくちゃ面白かった。特徴として、見開きの左ページ(奇数ページ)の上に書かれているんだが、だいたいそのページに書かれていることをシンプルすぎる感じで要約している。
妖怪番長妖怪番長の宣伝が半分くらいある。たぶん単行本では収録されてないと思うが惜しいのでちょっとまとめていこうかなと思ってる。

ガタガタになっちゃったけど宣伝を抜いたら1話目はだいたいこんな感じ。まだそんなにツッコミどころはない。強いて言えば、「彼女の名前は墓場巫子」はなんで二回言ったんだろうって感じ。

柴田ヨクサルの新連載 5p
何者だコイツ 7p
コイツ強い 9p
彼女の名前は墓場巫子 15p
彼女の名前は墓場巫子 19p
巫子は番長 21p
番長決定戦開始 23p
謎の少年も参戦 29p
謎の少年の実力は!? 33p

ガタガタになっ...

2話目になると宣伝の仕方にアクセントを加え始めてくる。前作からの流れをフォローしながら購入導線を考えるのはうまいなって思う。
エアマス…っていう小ネタを入れてきるあたりにも1話目との違いがよくわかる。個人的には、「人間兵器のオキテ。すごいね!」でお前の感想かーいって思った。

〜仮面の謎は解けます 3p
この二人は巫子の幼なじみ 5p
巨乳の娘が鎖子です 7p
木場先生は彼女達の小学生の頃の担任です 9p
やっぱり妖怪番長妖怪番長を買おう 11p
小気味いいアクション 13p
少年と少女どちらが勝つ 15p
エアマス…じゃなく 17p
これで決着か!? 19p
人間兵器のオキテ。すごいね! 21p

2話目になると...

1番面白かったのが3話目だな。とりあえず接吻(キス)がすごい。削りに削った末にたどり着いた一言なのか、適当に考えた一言なのか紙一重すぎてわからない。これを雑誌で漫画と一緒に読んでる時めちゃくちゃ笑った

1番面白かった...

今回も適当なのが多かったな。とりあえず、「学園に敵がきた」は3p、15p、19pにあって同じの使いすぎてて笑った

今回も適当なの...

コメントする
また読みたい
フォロー

このクチコミをフォローしているユーザー