家電とか発明品が好きな人におすすめ

どこにでもありそうな下町の電気屋さん「ピース一家」の物語。

天才科学者であるオヤジ貫太郎と、息子の健太郎は、なんでも超科学で問題解決しようとするのだけど、
毎度のように、ママや弟・妹たちは科学にたよらずに人間力で解決してしまうのが微笑ましい。
家族やお客のためなら、店の在庫も勝手に魔改造したりするバカ親子のノリが好きだし、
オーバーエンジニアリング過ぎて、日常生活では使い物にならない代物が出来上がるオチはいつ読んでも笑えるし飽きがこない。(ちなみに一番爆笑したのは、飼い猫のミャーちゃんのために、ろくでもない道具を作る回)
良い思い出にあふれた漫画だった。

コメントする
投稿者名
報告理由
詳細(任意)
投稿いただいた内容が第三者に伝わることはありません。
このコメントに返信する
投稿者名