久しぶりに読み返している

初めて読んだのも、完結してから十年経ってからとかなんだけど、たまに読み返す。
改めて読むと、サブカル感のある絵柄だよね
テカリ方というかなんというか
中盤で結構キャラが死んでいって、悲しさがドンストップだった
黒麒麟が好き。黒麒麟最高

異説 封神演義封神演義なんてあるんだな

扉絵では「別の解釈を元に描かれた『別モノ』として読んでいただければ幸いです」という作者のコメントが載せられている。JC単行本、『封神演義 完全版』共に未収録であり、藤崎竜短編集藤崎竜短編集第2巻『DRAMATHIC IRONY』及び文庫版短編集第3巻『天球儀』に収録されている。

単行本の方に入れておくれよ・・・全然知らんかった。
ただその後とかでもないようだから、まぁ今度読もうかな

最終的に、妲己はいいやつだったのか・・・ってなるのすごい
いいやつかどうかはわからんけど、抱烙と蟇盆のときほどの悪いイメージは最後なくなっている

後半、どんどんストーリーが難しくなる
太上老君以降だな
そっちの方が面白いからいいけど、なんか仙人バトル漫画から一気にセカイ系の話になっていって昔はちんぷんかんぷんだった

玉鼎真人あっさり死んじゃったけど、めちゃくちゃ好きだったんだけどな
なんか人道的にいいやつほど早く死ぬ

大枠は一緒だけど、絵が違いすぎるね。 横山版は土公孫が妙に出番が多かったな。

大枠は一緒だけど、絵が違いすぎるね。 横山版は土公孫が妙に出番が多かったな。

@マンガトリツカレ男

本当だ。左聞仲、右黄飛虎はさすが横山タッチだ
あと、藤崎封神演義封神演義だと情けない親父って感じだった蘇護が横山殷周伝説殷周伝説になると忠臣で評価が高いみたいな感じになっててキャラが全然違うのとかも面白い

本当だ。左聞仲...

封神演技は中だるみしたなぁとかは特に感じなかったんだけど、意図的に展開を緩めているようなことは結構あった。妙にメタなネタを挟んで来たりした時とか。

趙公明編が佳境に近づいているのに『国立アンニュイ学園』を突然始めたりとか、ああいうのはいいから早く戦えよって思いそうなんだけど、あんまりそんなことも思わず楽しく読めたのは、すごい気がする

本当だ。左聞仲、右黄飛虎はさすが横山タッチだ あと、藤崎封神演義だと情けない親父って感じだった蘇護が横山殷周伝説になると忠臣で評価が高いみたいな感じになっててキャラが全然違うのとかも面白い
camera

本当だ。左聞仲、右黄飛虎はさすが横山タッチだ あと、藤崎封神演義だと情けない親父って感じだった蘇護が横山殷周伝説になると忠臣で評価が高いみたいな感じになっててキャラが全然違うのとかも面白い

本当だ。左聞仲...
@名無し

左は商容じゃなかったかな

コメントする
また読みたい
フォロー

このクチコミをフォローしているユーザー