最近だと『俺様ティーチャー』(椿いづみ)とか? 『プティトゥ・ペッシュ!』(葉鳥ビスコ)もなかったような。 『イーフィの植物図鑑』(奈々巻かなこ)や『天空の玉座』(青木朋)もかなり薄い。 古いけど『となりの町で死んだ人』(なるしまゆり)や『俺たちを天使と呼ぶな』(克本かさね)もほぼない。 ウィングスコミックスがありなら『原獣文書』(なるしまゆり)、『少年魔法士』(なるしまゆり)、『水と器』(山田睦月)、『ペーパームーン』(山田睦月)、『魔法使いの娘』(那州雪絵)とかもありかな。 あと、『雨柳堂夢咄』(波津彬子)とか『1/4✖1/2 R』(篠原烏童)とか『鵺の絵師』(猪川朱美)とかは少女漫画の手法でヒューマンドラマやってるね。

最近だと『俺様ティーチャー』(椿いづみ)とか? 『プティトゥ・ペッシュ!』(葉鳥ビスコ)もなかったような。 『イーフィの植物図鑑』(奈々巻かなこ)や『天空の玉座』(青木朋)もかなり薄い。 古いけど『となりの町で死んだ人』(なるしまゆり)や『俺たちを天使と呼ぶな』(克本かさね)もほぼない。 ウィングスコミックスがありなら『原獣文書』(なるしまゆり)、『少年魔法士』(なるしまゆり)、『水と器』(山田睦月)、『ペーパームーン』(山田睦月)、『魔法使いの娘』(那州雪絵)とかもありかな。 あと、『雨柳堂夢咄』(波津彬子)とか『1/4✖1/2 R』(篠原烏童)とか『鵺の絵師』(猪川朱美)とかは少女漫画の手法でヒューマンドラマやってるね。

@名無し

ありがとうございます。イーフィの植物図鑑は読んでいます。
波津彬子/篠原烏童は読みたいと思っていたのでが、作品数が多いのでどれから読もうかと迷っていたのでありがたいです。
ウィングスコミックスは高橋葉介/真鍋譲治/柴田昌弘あたりしか読んでいないので読んでみます。
青木朋は「土砂どめ奉行ものがたり」以外しらなかっったですね。

次のクチコミ

マンガ史に燦然と光り輝くハゲキャラ達
user_private
名無し
3ヶ月前
一見して記憶に強く残るその風貌。 そして各マンガごとに際立つ個性。 色々なマンガで重要な役をになっているハゲ達。 なぜか主人公がハゲというマンガは少ないような 気もしますが。 そんなハゲキャラに光を当ててみました。 ・天光寺輝彦(コータローまかりとおる!) 長編マンガで主人公の最大の強敵(とも)として 数十年に渡ってハゲネタでいじられ続けている。 剣術の達人。乾電池を握ると頭が光る特異体質。 ・芹沢達也(ラーメン発見伝) ラーメンにたいする知識、調理技術、そして ラーメン屋運営に対する商売人感覚のいずれも超一流。 そして性格的にはけして善人ともいいがたいために マンガの中では敵役的存在であることがおおいが、 そのへんが深みを生むのか人気は高い模様。 ・西野新二(柔道部物語) パワーと柔道の向上心が超人的。 しかし中学時代は苛められっ子。 柔道で覚醒して強者になったが性格的には難あり。 しかし無敵感がハンパない。 どうやら口調や表情は作者・小林まこと先生の良き仲間だった 漫画家の小野新二先生がモデルだったらしい。 ・ナッパ(ドラゴンボール) 世界的大ヒット作品のDBにはナッパ以外にも 亀仙人、クリリン、天津飯と名ハゲキャラはいる。 だが個人的にナッパ(サイヤ人)はツボッた。 「サイヤ人は髪が伸びたりしない(ベジータ談)」 ということであれば、 ナッパって生まれたときからハゲ? それでいてヒゲあり。 もしもスーパーサイヤ人になれていたら 髪の毛ではなくヒゲが金色になっていたのだろうか? もしかして頭が直接金色に・・
BLACK L...

前のクチコミ

このクチコミも読まれています