しばらくお待ち下さい。

しばらくお待ち下さい。

謎の会社(株)ウキウキワクワクにうっかり就職してしまった、梶山トール。そこは宇宙人課・極秘事項を取り扱う処理会社というが…… 出てきた宇宙人はキュートなぬいぐるみ…… と思いきや―――!? スペースハチャメチャ社畜ライフ、いきなり強制開幕!?
公爵様とわたし

公爵様とわたし

ヨーロッパ西部にある某国。ワイン農園を営むミューラー家の御曹司・ウォルフガングは、最後の独身大物貴族「ウォン様」として社交界の貴婦人たちの憧れを一手に担う存在……。そんな公爵の元で執事として雇われたキャサリンは、意外な独身の理由に触れてしまう―――。
シャンペン・シャワー

シャンペン・シャワー

ジャングルの王者、プロサッカーチームに入団!? 連敗続きのサッカー・チーム“ヴィトーリオ”にやって来た、アマゾン奥地出身の野生のアドル。たちまちアイドルにのし上がったアドルに、優勝のシャンペンシャワーが降りそそぐのはいつの日か? 少女漫画誌で本格サッカー漫画!? 笑って笑って、最後に泣けて…。少女漫画界きってのサッカー馬鹿・かわみなみが、趣味度MAXの情熱と笑いを込めてお贈りする、異色の南米キャノンボールコメディ! 男性ヌード満載で~す!?
ミョンミョン博物記

ミョンミョン博物記

都から離れた山の中、幻の珍獣・ミョンミョンたちが住むミョンミョン谷。そこはミョンミョンと、ちょっと変わった生き物が住む地上の楽園だった!? そこにミョンミョンを探す一人の博物学者とその助手がやってきて…。ミョンミョンと仲間たちが繰り広げる、面白ほのぼのファンタジー。
user_private
名無し
2020/08/25
代理母出産に必要な『覚悟』を知る
この漫画は「抱きしめたい。-天使と過ごした16週間-」の続編になるんですが、とりあえず今とあるweb記事がざわつかせている「代理母出産」について知りたかったのでこちらを先に読みました。 前述のweb記事を読んだ限りでは、やむを得ない事情で妊娠・出産が不可能な女性だけでなく、キャリアに傷をつけたくない女性にも選択肢のひとつに代理出産があるといい、ということを話していたので、そのくらいの覚悟で「子宮を借りる」というようなカジュアルなイメージを持ちました。しかしこの漫画を読み、代理母出産に対するイメージが180度変わりました。web記事から感じた覚悟と、向井さんと代理母が持っている覚悟は、天と地の差があると感じました。 必要なのはお金だけじゃなく、いろんな覚悟です。 代理母は単に子宮を借りる相手ではなく、生まれてくる子供のもうひとりの母として一生関わり続けなければなりません。それ以前に「この人になら任せられる」という条件やタイミングの合った代理母を見つけなければなりません。当然ですが、そう何度もトライできるものではないので上手くいかなければ代理母を変えることもあります。その場合また見つけるところからやり直しです。 向井さんの場合、二人目の代理母が双子を妊娠しますが、不安なのでひとりは諦めたいと提案をします。想像してみてください。そんな事態に耐えられますか?自分たちの遺伝子を持つ子供だけど、その命を預けている身体は他人です。このときの向井さんの決断は想像を絶します。 また無事出産しても日本では自分の子供として出生届は受理されません。 なので漫画のなかでは外国籍の子供と同居している状態になりました。(それに関しては今は改善に向けていろんな動き?があるようですが詳しくはわかりません) そんな感じで、今のところは「それでも子どもが欲しい・代理母出産を選びたい」という並々ならぬ覚悟を持っている人のための選択肢だと思いました。
三国志

三国志

荒れ果てた田野、天災飢饉、襲いくる野盗に脅える人々…… 苦しみのどん底にある彼らの眼の前に決然と起ちあがる三人の勇者――。劉備(りゅうひ)、関羽(かんう)、張飛(ちょうひ)。壮大な中国大陸に強く生きる無名の民衆と英雄たちの現実を描く、三国志大傑作ロマン!
惑星をつぐ者

惑星をつぐ者

とある銀河系の中では、さまざまな異星人達が存亡を賭け宇宙に進出している。その中で人類は滅亡しつつあった――。多くの人類が奴隷として異星人に従う中、全宇宙で犯罪を重ね指名手配になったバラダット・ナイブスという一人の男が灼熱の星ダウロスにやってきて……。

人気クチコミ

ひさぴよ
ひさぴよ
2020/07/23
宜保愛子の自伝的マンガ
> 「みなさんこんにちは。私の名前はぎぼあいこ。小学五年生。」 この書き出しをみた瞬間、ゾッと寒気がしました。 霊感ではありません。 実に興味深い漫画だ…という第六感を感じたのです。   宜保愛子(1932 - 2003)さん、ご存じの方も多いと思いますが、かつて一世を風靡した心霊番組に出演していた霊能力者です。 その人生は波瀾万丈なもので、幼少期の事故によって左目をほぼ失明してしまい、それがきっかけで霊能力に目覚め、人には見えない霊や魂が見えるようになるという漫画の主人公みたいな人物です。 そんな宜保さんを主人公にして学校の心霊現象を解決させるとか、読んだら絶対面白そうだと思いませんか…。 読んでみての感想ですが、いずれも1話完結型なので読みやすいです。 とりあえず宜保さんの周りで怪現象が次々と発生するのでそれを説得したりして解決します。 怖い話もありハートフルな話もありで、学園心霊モノとして普通に面白いは面白いのですが、さすがにこれは漫画に合わせたエピソードだろうな〜と思ってしまう部分があったのは否めません。 特に違和感を感じたのは、(宜保さんが美少女すぎるとか、性格が明るすぎるとかではなく)時代背景が明らかにおかしいのです。 そもそも、宜保さんは1932年生まれですから、学校ではバリバリの軍国教育の時代だったはず。なのに学校は昭和の雰囲気で、水洗トイレが登場したり、服装や設備が現代的すぎます。演出として仕方ないとはいえ、苦笑いするしかありませんでした。 ところがこの漫画、第3巻の3話目「鉄矢ちゃんの悲しみ」の回以降、まるっきり別の漫画に変わります。 > 「ここからのお話は私が生きてきた戦争の時代のお話をしたいと思います」 というモノローグが突如出てきて、 「えっ・・? じゃあ今までの話はなんだったんだ・・・」 という気持ちは置き去りに、物語は戦時中の体験を描いたエピソードへ変わっていきます。 服装もモンペ服に変わり、厳しい軍国教育と食糧不足に悩まされる日々。最大の理解者だった兄を戦争で亡くし、弟も交通事故で亡くしているんですよね…宜保さん。 そして、空襲で地獄のような体験をします。生きてる人と、霊の区別がつかなくなるほど悲惨な状況が描かれています。 後半はとても重い話が続きますが、それだけ宜保さんにとって戦争のことは忘れずにはいられない記憶として残っているという事が伝わる内容でした。 ===補足=== 他にも宜保愛子さんの過去が語られている漫画として、『MMRマガジンミステリー調査班』があります。 第2巻のノストラダムス大予言1999「人類は滅亡する!?(前編)」に宜保さんがゲストとして登場。キバヤシ達に、霊界の話や自身の幼少期の体験を語っています。
たか
たか
2019/08/07
Final Phaseは2つある
cameraこちらの青い表紙はFinal Phaseの『出版社ビーグリー版』です。Final Phaseはこの他に赤黒いダークな表紙の『PHP研究所版』もあるのですが、**作品の内容は全く一緒**です。 ▼ビーグリー版のPHP版との違い ・表紙が違う ・標題紙がない ・絵のコントラストが強い **・扉絵と目次・人物紹介がない** **・「特別収録 羽貫ファイル」がない** 自分は断然PHP版の方が好きですね。 コントラストが丁度いい感じで、色がきれいで見やすいです。ビーグリー版は、妙に色が濃くて主線が浮いている感じがしました。 そしてなんと言っても扉絵(目次)と巻末の特別収録…!! 羽貫が過去に発生した疫病についてまとめた(という体の)資料は、現実で発生した感染症で読み応えがありますし、これを**『本編を読み終わった余韻に浸りながら読むところまで作品の一部』**と言って過言ではないと思います。 そして読後に気づいたのですが、巻頭の扉絵と目次も非常に素晴らしいんです…!**『目次の扉絵から、実は物語は始まっている』という演出がニクい。**巻末の特別収録がないため目次も削除したのでしょうが…だったらせめて扉絵だけでも残してほしかったです。 あえてビーグリー版の良いところを探すとしたら、ページ数が少ない分200円ほど値段が安いところでしょうか…。作品を120%楽しむならPHP版(赤い表紙の方)をオススメします。 ▼PHP版(赤い方)の配信元 ・Kindle ・honto ・BookLive ・BOOKWALKER ・紀伊國屋書店 ・ブックパス ▼ビーグリー版(青い方)の配信元 ・ebookjapan ・まんが王国 ・シーモア (画像はビーグリー版とPHP版の比較画像)
あうしぃ@カワイイマンガ
あうしぃ@カワイイマンガ
2020/07/22
ココロとカラダがチグハグな成人漫画
三味線漫画『なずなのねいろ』1巻刊行に合わせて、ナヲコ先生が成人誌で発表して来た作品を纏めたのが、この短編集。まずは掲載誌を列挙する。 ●漫画ホットミルク ●COMICプチミルク ●COMICアリス倶楽部 ●コミックメガキューブ ●ポプリクラブ ●同人誌 大学生から大人×高校生、高校生同士、子供同士、ロリ×ロリ、ショタと多岐に渡る。ショタ以外は性的描写あり。みんなれっきとした、エロ漫画だ。 しかし、はっきり言うと…… 「これでエロいことは出来ねぇ!」 細やかな感覚、しんどい背景、大き過ぎる感情にいちいちグッと来るので、正直この作品達で、ナニも出来ない。絵のエロさに体は反応するのに、圧倒的な感情に心を持っていかれる結果、ココロとカラダは引き裂かれ、読後には重い余韻と少しの罪悪感が残る。 傷付いた心を癒すように体を重ねたり、身体に刻む記憶としての性交だったり、知らない部分を見つけた喜びだったり……痛くて優しい、温かくて切ない、そんな機微をこれでもかと刻み付けてくる。 こんなの、もう忘れられない。 ♡♡♡♡♡ ●マイガール 身体が繋がれば、心は繋がるの? ●ひとつだけ 好きなものを頬張る貴方が好き。 ●大切な人 渇きを潤す様に、体を重ねる小学生達。 ●駅 兄妹と他人を行ったり来たりの二人の子供は、何度目かの停車場に立つ。 ●おねえさん改造計画 24歳に見えないお姉さんは可愛く変身して、秘密のバイト。 ●デュオメイト カワイイあの子と連弾したい女の子。でも相手が来なくなっちゃった……。 ●八月の夢 教師はあの女子生徒に、聖性と劣情を重ねていた。そのバランスが崩れる時……。 ●Brand Mew Menu 喫茶店の子に出前を頼んだら、相手は僕を知っていた。えっ、地味なアイツが? ●明日 2年前の誕生日のイザコザで、絶交していた二人。その理由とすれ違っていた心は……? ●ナキムシのうた 兄弟のように育った幼馴染みと再会。でも何かつれない……。 ●テンション・ナビゲーション 1・サークルの飲み会で万年幹事のハイテンション女子。笑顔以外の顔を見たい。 2・セックスで何が分かる?という先輩と、本心を知りたい後輩。 3・過去の事件のせいで、彼氏から優しくされる女子。でも本当は……。
もっとみる

最新クチコミ

もっとみる

Kindle Unlimited