99円でキメれる麻薬みたいなマンガ
user_private
名無し
7日前
結構前に「おネエ系坊主 月影青炎VS詐欺師」を読んだのですがあの時の刺激が忘れられず別の話を購入(¥99円)。 https://manba.co.jp/boards/67294 全く期待を裏切らない面白さでした。 今回は青炎の滝行と女装があるのですが、とにかく最後のエキセントリックな見せ場が最高。 レディコミの皮を被った立派なギャグ漫画ですよマジ。 世のレディコミを購読されているご婦人方ってこんなクレイジーな漫画をこっそり楽しんでたんですね。世界は広い。
おネエ系坊主 月影青炎~華やかな終活~
懲罰が必要ね……
user_private
名無し
約2ヶ月前
新刊ページで見つけた大ベテラン川崎三枝子先生が描くレディコミ。2巻まで読みました。雑誌掲載時の煽り文そのままの巻中カラー扉絵が見所なのでこれだけでも試し読みで見てほしい……! 主人公(市役所職員) 姉(弁護士) 母(占い師、呪詛師?) というおもしろチンドン集団が、女性たちを苦しめている原因に懲罰を与えるというストーリー。 ファッションとかブティックとかNYに一緒についていけば……とか、作中に登場する全てが全体的に古いのがまた良い。 1巻の最後のお母さんのセリフが強烈すぎてマジでこいつの正体が知りたい。 今なら2巻まで無料なのでぜひ。
新刊ページで見...
物語以上の魅力がたくさん詰まってる
user_private
名無し
5ヶ月前
女の子がニワトリを飼うんですが、鳥ですからあまり人間と意思疎通もできませんし、割と淡々と物語は進むんですが、たまにハッとするくらいが魅力的なシーンがあります。特に河原がよく出てくるんですが、そういう時にそこに流れている風とか匂いとか夕日の色なんかが、白黒のコマからはっきりと伝わってくるんです。こうの史代先生は実際に子供の頃にニワトリを飼っていて、よく土手を散歩されていたそうなので、その思い出がそのまま漫画になっているのかもしれません。自分の懐かしい記憶もなんだかよみがえってきました。
こっこさん
やはり川崎三枝子は天才かもしれない
user_private
名無し
17日前
これマジでメチャクチャ良かった。強烈な個性と絶妙なガバガバ感が最高!主人公・青炎が阿闍梨だというのがちゃんと伏線になってる展開好き。 流石は極悪美女軍団 卍を描いた人ですね…もうなにもかもファンキーすぎる。 なんといっても表紙が秀逸。これで読みたくならないわけないだろこんなん
これマジでメチ...