icon_reread
また読みたい
フォロー
icon_book
1巻を試し読み
英国貴族である父に会いに、母とイギリスへ向かった5歳の少女リン。しかしその道中、交通事故で母を亡くしてしまう。ひとりぼっちで見知らぬ家に来たリンだったが、異母姉のセーラや、お隣に住むアーサー、エドワード兄弟と出会い、少しづつ天真爛漫な少女に戻っていった。そんな時、父の婚約者だという男爵未亡人のモードリンとその子ども達が現れ、リンをいじめるように…!? 収録作品:レディ!! 1
父が男爵未亡人と結婚するのは自分のためだと知ってしまったリン。さらに男爵夫人は、結婚が決まればセーラを寄宿学校へ入れると言い出して!? 自分のために父やセーラが犠牲になることに耐えられず、リンは日本に帰ることを決意し、結婚式も延期に。しかし、しばらく日本に滞在していたリンの元に現れた男爵未亡人から「リンが戻る前に結婚した」と告げられ…!? 収録作品:レディ!! 2
リンの通う中学に転入してきたエドワードとメアリ。メアリは日本滞在中、リンの家で過ごすことになったが、わがまま言い放題でリンや祖父母を困らせていた。そんな中、夏休みに馬術部で学院内馬術大会が開かれることに。成績優秀者は海外遠征でイギリスに行けると聞いたリンは、はりきって練習に取り組んでいた。しかしリンの愛馬ビクトリアをゆずってほしいという園子に、メアリが「かわりにオーケーした」と言ってきて…!? 収録作品:レディ!! 3
メアリの妨害もあったが、園子のはからいで馬術部の海外遠征に行けることになったリン。遠征先のカナダで、牧場の娘・キャシーに出会う。アーサーや、エドワードとも友人の彼女は、エドワードに恋をしていた。そんなキャシーから「ライバル」と言われたリンはその真意を理解できずにいて――。そしてカナダとの親善試合も終え、行われた歓迎パーティで、リンは突然見知らぬ男性に抱きつかれる! なんとそれは義兄のトマスで――!? 収録作品:レディ!! 4
ついにアーサーと7年ぶりの再会を果たしたリン。リンを、セーラとリンの父の元へつれいてくためにやってきたアーサーだったが、モードリンの策略により、リンの父はイギリスの病院へ、セーラはスイスの療養所へ連れて行かれてしまう。そのことを知ったアーサーは、セーラが連れて行かれた療養所を探しに行くことに。アーサーが帰ってしまったと勘違いしたリンはビクトリアに乗って追いかけたが――!? 収録作品:レディ!! 5
リンの父が入院している病院をつきとめたアーサー。父に会えると胸躍らせていたリンだったが、ウォーバン公爵から出された条件は「リンが日本へ帰ると約束するなら1回だけ会わせる」という非情なものだった。一目でも会えるならと条件を受け入れるリンだったが、アーサーやセーラは反対して…!? 収録作品:レディ!! 6
手術は無事成功に終わり、ついに父と再会したリン。ウォーバン公爵からも父と暮らす許しが出て喜びでいっぱいのリンだった。しかし、リンの存在を邪魔に思うモードリンはリンをマーブル館から追い出そうとしていた。そしてモードリンがジョージに、リンと生まれたばかりの赤ちゃん、どちらを選ぶかせまるかもしれないという話を聞いたリンは、自分がいることで父を苦しませたくないと、夜中にマーブル館を出てフランスへ向かったが…!? 収録作品:レディ!! 7
マーブル館で暮らし始めたリンは、父とセーラに囲まれ、さらにチャールズにも会えるようになり幸せいっぱいだった。しかしモードリン、メアリ、トマスとは相変わらず対立したままでいた。そんな時、チャールズの生誕を祝って舞踏会が開かられることに。そこでセーラとメアリは社交界デビューすることが決まったが、アーサーはセーラではなくメアリのエスコートをすることになってしまい…!? 収録作品:レディ!! 8
ついにアーサーのエスコートで社交界デビューをしたセーラ。セーラの社交界デビューを夢見ていたリンと同様にセーラも「アーサーにエスコートされたリンを見たい」とつげられた。だがリンは、セーラのためにアーサーへの想いを心にしまうと決める。そんな中、娘メアリの社交界デビューが失敗に終わったことで、モードリンはジョージとの別居を決め、マーブル館を出てチャールズを連れバースの別荘に住むことになり!? モードリンに戻ってもらえるよう説得しにバースの別荘へ向かうリンだったが…。 収録作品:レディ!! 9
病弱なセーラを支えていこうと決意したアーサー。その事実をエドワードにつげられ、深く傷つきながらも、2人をを想って気丈にふるまうリンだった。クリスマスイブの日、パーティのためにアーサーやエドワードが集まったマーブル館はにぎわっていた。しかし、夕方に帰ると言って出て行ったジョージを突然の発作が襲い… そのまま帰らぬ人となってしまった。深い悲しみにくれるリン。そんなリンを救ってくれたのは亡き母や父がくれた言葉だった。 収録作品:レディ!! 10