投稿
577
コメント
1102
わかる
6729
グラフィックレコーダーなんて職業存在するのか

グラフィックレコーダーなんて職業存在するのか

@名無し

どっかの会社が漫画家に絵で議事録を描いてもらうみたいな話を聞いたことがある

よく分からない謎の力で古代ヒッタイトに連れられてそこで生きる女の話。主人公は中学生だが、それは読んでいるうちに忘れてしまうくらいの頼もしさを感じた。よくある現代の知識を使って無双みたいな要素はなく、現代人で良かったねと思う場面が二つあるくらいである。

私は序盤から常に頭の片隅で帰りを待っている日本の家族について考えていた。どんな思いだったのだろうかと。そこら辺は本編では一切語られないので読み終わった後はしばらく悲しい気持ちで過ごした。

よくぞここまでてんこ盛りにしやがったなこの野郎…!
正直心の奥底から湧き上がる「カワイイ」が止まらない…!
人と獣人(奴隷)が暮らしてる世界で、旅人のカイルが逃亡奴隷のサンを拾って美味しい物食べさせてあげてるだけなのだが
虐待されていた奴隷に優しくするのは何時ごろからか増えているけど、それがケモ(犬)とショタ(素直さ)に凄まじくマッチしていて、カイルが寡黙なもんでサンのかわいさがとんでもない増幅を果たしている。
メシ旅物としては今の所ファンタジーな素材は出ていないし、カイルも美味しそうに食べるキャラではないが、実に美味しそうに食べるサンの可愛さがヤバすぎて全く気にならない、ただ風景とかはファンタジーらしく美しい作画でしっかり雰囲気出せている。
メシ旅物としては現時点ではそこまででもないが、とにかくショタorケモor奴隷属性持ってる方は要注目、持ってない方もいずれかの扉を開く可能性がある。

よくぞここまでてんこ盛りにしやがったなこの野郎…! 正直心の奥底から湧き上がる「カワイイ」が止まらない…! 人と獣人(奴隷)が暮らしてる世界で、旅人のカイルが逃亡奴隷のサンを拾って美味しい物食べさせてあげてるだけなのだが 虐待されていた奴隷に優しくするのは何時ごろからか増えているけど、それがケモ(犬)とショタ(素直さ)に凄まじくマッチしていて、カイルが寡黙なもんでサンのかわいさがとんでもない増幅を果たしている。 メシ旅物としては今の所ファンタジーな素材は出ていないし、カイルも美味しそうに食べるキャラではないが、実に美味しそうに食べるサンの可愛さがヤバすぎて全く気にならない、ただ風景とかはファンタジーらしく美しい作画でしっかり雰囲気出せている。 メシ旅物としては現時点ではそこまででもないが、とにかくショタorケモor奴隷属性持ってる方は要注目、持ってない方もいずれかの扉を開く可能性がある。

よくぞここまでてんこ盛りにしやがったなこの野郎…! 正直心の奥底から湧き上がる「カワイイ」が止まらない…! 人と獣人(奴隷)が暮らしてる世界で、旅人のカイルが逃亡奴隷のサンを拾って美味しい物食べさせてあげてるだけなのだが 虐待されていた奴隷に優しくするのは何時ごろからか増えているけど、それがケモ(犬)とショタ(素直さ)に凄まじくマッチしていて、カイルが寡黙なもんでサンのかわいさがとんでもない増幅を果たしている。 メシ旅物としては今の所ファンタジーな素材は出ていないし、カイルも美味しそうに食べるキャラではないが、実に美味しそうに食べるサンの可愛さがヤバすぎて全く気にならない、ただ風景とかはファンタジーらしく美しい作画でしっかり雰囲気出せている。 メシ旅物としては現時点ではそこまででもないが、とにかくショタorケモor奴隷属性持ってる方は要注目、持ってない方もいずれかの扉を開く可能性がある。

@名無し

クチコミのタイトルにホイホイされたら作者がびみ太先生じゃないですか…!これは読むしかないと4話まで読んだのですが、ただただ最高でした。素晴らしい作品を教えてくださってありがとうございます!!
世界観もキャラも空気も全部よくて魂が生き返ります。

クチコミのタイトルにホイホイされたら作者がびみ太先生じゃないですか…!これは読むしかないと4話まで読んだのですが、ただただ最高でした。素晴らしい作品を教えてくださってありがとうございます!! 世界観もキャラも空気も全部よくて魂が生き返ります。

クチコミのタイトルにホイホイされたら作者がびみ太先生じゃないですか…!これは読むしかないと4話まで読んだのですが、ただただ最高でした。素晴らしい作品を教えてくださってありがとうございます!! 世界観もキャラも空気も全部よくて魂が生き返ります。

@天沢聖司

まぁまだ3話(+0話)なので「旅」も「メシ」も判断を下すには早すぎるのですが、「元奴隷」と「ケモショタ」の部分はヤバいですね…。
たった4話で極上であると判断を下すレベルに達している…
そして旅もメシもサンくんがカワイイ、サンくんが楽しんでいるという点でブーストを掛けるしかない。

読んで思ったのが、著者の勢いのすごさ。

不動産投資って聞くと、よくわからないのに、額が額なだけに尻込みしませんか?

それなのに、この著者はすんごいです。

単純に

不労所得が欲しい 

そうだ、マンション買おう

って簡単なノリで始めます。

まず、ここがすごい。普通、こんな考えになりますかね?

そんで、もっとすごいのは夫婦の背景。
主人公はマンガ家、旦那さんはタクシー運転手(しかも、本作中は免停で失業中・・・)

・・・失礼を承知でいうのですが、とても不動産投資できるような家計ではないと思うんですよ。
それでも、何が何でも実行にうつすんです。
そこが本当にすごい。

安定した収入があっても、不動産規模のローンなんか怖くて組めないのに、著者は数軒フルローンだったり、あまつさえキャッシングまでして(数十万の規模ですが)不動産に投資します。

この行動力というか決断力というかは、本当に感服します。

まぁ、当然、

不動産収入=ローン返済

となってしまっているようなので、
手元にはあまり残らず、額面上の収入だけが多いため、
税金が激しいという罠にハマってますが・・・
それでもすごいと思います。

不動産投資関連の活字本ありますが、そんなの何冊も読まずに本作1冊読めば全てわかります。

すなわち

御託はいいからとにかくやれ!
金かき集めてでもマンション買え!

それを地で教えてくれた作品でした。
不動産投資に関わらず、あらゆことに通じる感じがしました。

絶対金持ちになる発想だよなと思ったら、
娘さんはインターナショナルスクール(学費でン百万)に通わせているようで、ついにセレブなったのかしら・・・。
それもまたすんごい。

時にコミカル、時にシリアス。
バランスの取れた読みやすく面白い作品でした!
新人漫画大賞とったのにその後、漫画が上手く描けなくて悩んでいる主人公、江藤さん。
デザイン専門学校の先生に声かけてもらってマンガ・アート科の講師をやることに。
色んなことに刺激を受け、自分自身どうしたいのか、漫画描きたいのか?悩み葛藤する。

もちろん漫画家の世界は全く分からないですが、メンタル折れそうなこと沢山言われても這い上がってく江藤さんに感情移入してました。
ざっくりですが人生、悩んで泣いて楽しんで笑ってなんぼだなぁーなんて思わせてくれた素敵な作品でした。

刺激の強い道徳の教科書です。確かにバッドエンドではないのかもしれない。ハッピーエンドでもないし、紛うことなき真実だけが示されています。

心の問題
人気者の美少女沙羅に恋をした引っ込み思案の心。
時が経ち、高校で再会した沙羅は様々な問題を抱えていた。沙羅を救うべく奔走する心だったが……。

ごめんねロック
舞台は田舎の小学校。三学期の忙しい最中、4羽のチャボがやってきた。
元から飼っている黒い鶏・ロックと一緒に飼い始めることになったが、トラブルが生じる。
鶏たちをどうするか学級会議で出した結論に、先生は後悔することに……。

この2作を読んだだけでだいぶ心を抉られました。
問題が起こったら解決するもんだ、悪いことをしたら反省するもんだ、現実はそんな簡単なもんじゃない。
いつまでも問題の前で立ち止まってしまうし、悔い改めることができる人もいればそうじゃない人もいる。
道徳の授業のように話し合って考えたいまであるな……。

考えさせられたあとに待つのはゴリゴリのホラーです。もうずっとこわい。

漫画家さんや出版社さんへの感謝は常日頃止まらないですが、この作品を読むと書店員さんまじでありがとうございます〜!という気持ちでいっぱいになりますね。
電子書籍を買うことが多くなったとは言え、本屋さんは天国です。
走って叫んで闘いながら天国を作ってくださる書店員さん、ありがとうございます。本屋さんでのんびり働きたいな〜なんて一度でも思ったことのある自分を恥じてます。

戦場のような職場でありながら、本と本屋に対する愛情が伝わってきます。そして売り場のメンバーが個性豊かで素敵です。
仕事はめちゃくちゃ大変そうですが、こんな職場で働きたいな〜とは思います。いや嘘かも。でも楽しそうではあります。

漫画好きな人にはぜひ読んでほしい!感謝が止まらなくなるから!

発達障害について学ぶ作品というより、微笑ましい夫婦の日常作品です。
漫画家のアシスタントの夫・悟の視点で、発達障害を抱える妻・知花との日々が描かれています。

頭の回転が速くお喋りが大好き。子どもみたいに感情表現が豊かでパワフル
悟さんはそれらを発達障害の特性と片付けるのではなく、知花さんの面白いところ可愛いところとして受け止めています。
お互いを受け入れあって尊敬しあっているのが素敵で、こんな夫婦になりたいなあと憧れます。
「○○だからこうするといい」なんてものはなく、その人自体を理解しようとすることが一番大切だと改めて実感できました。

可愛らしい夫婦の日常に心があたたまるので、気軽に読んでみてほしいです。

ある雨の日、小学生の女の子が拾ったのは制服姿のキレイなお姉さんでした。

お料理上手でお世話好きな小学生・舞ちゃんとコミュ力も生活力も低め、でもなんだか放っておけないお姉さん・タマ。
お世話しお世話され、次第に距離が縮まっていく2人がとっても愛おしいです。

ひとりぼっちでご飯を食べていた舞ちゃんとタマが寄り添い、ふたりぼっちで食卓を囲む。
寂しさを打ち明ける訳でもなく、心の奥まで踏み込む訳でもない。
孤独を分け合うようにそっと寄り添う2人の姿は、微笑ましいのに切なくなります。

ふたりぼっちじゃなくてもずっと一緒にいられますように、幸せな時間がずっと続きますように。
舞ちゃんとタマの幸せを願いながら、最後まで見守りたいと思います。

ネットの自称情報強者達からバカ発見器とも称される各種SNSツール
現代にはモラルや倫理観が「今の時代」についていってないにも関わらず、SNSやブログコメントなどで他人を誹謗中傷する事で暇をつぶして他人の人生に泥を塗って楽しんでいる悪魔のようなバカが実在している。

そんなムナクソ悪くなるバカどもに、実際に然るべき制裁を加えるにはどうするのか?どうなるのか?というのをリアル弁護士が細かく監修して再現してくれているそうです。

正直制裁としては足りないし、これ犯罪者扱いじゃない世の中がおかしいんじゃないか?と思えるような状況なんですが、今できる最大限をぶっ放してくれます。

色々な事例が出てきそうですし、はよ続きを…

結構前の漫画ですが、単行本が出るたびに「今回はどんな表紙かな」と楽しみにしていたのはピューと吹く!ジャガーです。作者の遊び心が詰まってるな〜といつも感じていました。

結構前の漫画ですが、単行本が出るたびに「今回はどんな表紙かな」と楽しみにしていたのはピューと吹く!ジャガーです。作者の遊び心が詰まってるな〜といつも感じていました。

@名無し

表紙の背景と印象深いジャガーの一体感
違和感ないように見えて記憶に残る表紙です。
でも表紙だけじゃ内容を理解出来る人少なそう

ふたり力を合わせて子育てに奮闘している千石と晴海がゆっくり酒と肴を楽しむお話。
家事に仕事に子育てに……なかなか自分の時間が持てない2人だから、リラックスしてる姿を見れて嬉しくなります。
多めに作った肴は翌日の朝ご飯にしたりお弁当にしたり、やっぱりパパなところに癒されます。

子どもたちが寝静まったあとに作るから手軽なレシピが多めかと思いきや、結構手間暇かけていてとても美味しそう…!
それだけウチ呑みの時間を大事にしてるんだなあと、またもや癒されます。

本編を読んでいても思うことですが、こういう家族の形も素敵ですよね。
辛いことも楽しいことも美味しいものも分けあってる姿に心あたたまりました。

3巻で完結(;_;) 作者さんのツイートの感じ、打ち切りということですよね… https://twitter.com/yukiiiiwata/status/1484412559016923136?s=20

3巻で完結(;_;) 作者さんのツイートの感じ、打ち切りということですよね… https://twitter.com/yukiiiiwata/status/1484412559016923136?s=20

@名無し

大好きな連載だった
面白いのに

漫画の表紙を見た時、初見でも購買意欲をそそられる漫画って 結構あると思います。 斯く言う私はラノベを読まず、コミカライズを買い 週刊誌や月刊誌を買わないので、ほぼ初見で購入します。 そのため書店では表紙で絵の好みと裏のあらすじを見て購入しますが 中には表紙の絵の技術ではなく、 工夫で購買意欲を持たせる漫画もあります。 私がおすすめする 「魔王様ちょっとそれとって!!」という作品はまさに タイトルと表紙の工夫が見事です。 皆さんは表紙に印象に残った作品はありますか?

漫画の表紙を見た時、初見でも購買意欲をそそられる漫画って 結構あると思います。 斯く言う私はラノベを読まず、コミカライズを買い 週刊誌や月刊誌を買わないので、ほぼ初見で購入します。 そのため書店では表紙で絵の好みと裏のあらすじを見て購入しますが 中には表紙の絵の技術ではなく、 工夫で購買意欲を持たせる漫画もあります。 私がおすすめする 「魔王様ちょっとそれとって!!」という作品はまさに タイトルと表紙の工夫が見事です。 皆さんは表紙に印象に残った作品はありますか?

@漫画に囲まれた生活(願望)

自分は表紙買いはしないんですが

ほぅ?・・・表紙から読者を煽りに来ますか
そういうの・・・嫌いじゃないですよ?

的な感じで掴み良かったのだと
ポイズンガール とか

漫画の表紙を見た時、初見でも購買意欲をそそられる漫画って
結構あると思います。
斯く言う私はラノベを読まず、コミカライズを買い
週刊誌や月刊誌を買わないので、ほぼ初見で購入します。

そのため書店では表紙で絵の好みと裏のあらすじを見て購入しますが
中には表紙の絵の技術ではなく、
工夫で購買意欲を持たせる漫画もあります。
私がおすすめする
魔王様ちょっとそれとって!!」という作品はまさに
タイトルと表紙の工夫が見事です。

皆さんは表紙に印象に残った作品はありますか?

少女漫画を初めて読んだが、こんなすごい作品に出会うまでにどれだけの時間を費やしたのか。まだまだこの世には知らない世界があるのだと思い知らされた。少なくとも二人の王女までは文句の付けようがない。主人公の演劇にかける狂気のその先を見てみたいが、見られる日が来るのか。もう見られないだろうなと思いつつも見られなくてもこの面白さなら許せてしまう。そんな自分に笑ってしまう。

お気に入りポイントは作中で何度も用いられている白目の技法。主人公北島マヤの天才性をどう読者に伝えるのかが重要だと思っているが、それを見事に表現できているのではないだろうか。アニメではなく漫画をお勧めしたい。

ライバルである姫川亜弓は屈指の人気キャラである。姫川亜弓が主人公と出会ってどう成長していくのかもガラスの仮面の魅力の一つとなっている。

ジュニオール」の灰谷音屋先生が久々に連載開始した「Diego!!」
1話の時点では,イタリアプロリーグで,天才サッカー選手である主人公(イタリア人)が大活躍するお話でした

攻めすぎ…!

少年誌に載せる話ではないですね
今後どのように展開するんでしょうか

ストライクでした〜
男の子の一緒に世界征服しよう!ってセリフ最高です。これも一種のセカイ系なんでしょうか?
なんとなく、新海誠作品が好きな人は好きそうな話だなと感じました。
あと最後の夏帆表情が可愛くて好きです!