2015年2月24日発売
ワガランナァー
明和電機社長・土佐信道、ユースケ・サンタマリアなど、稀代のクリエイターが絶賛し、平成13年度文化庁メディア芸術祭で「審査委員会推薦作品」に選ばれたあの『恋の門』の作者・羽生生純が放つ不条理でラブリーな異色のルンペン漫画が電子化で21世紀の混沌とした時代に大復活!!
強者大劇場
大地震とテロが起きた波乱の1995年に発表された『強者大劇場』。その羽生生純、幻の短編集が、未発表作品6編を加え、さらにパワーアップして再登場!!
サブリーズ
実質3人で運営する地方誌『サブリーズ』。彼らが得意とするネタは超常現象。破滅願望の塊である編集長に率いられ、不思議な事件をさらにワケのわからない事態へ発展させる! 崩壊するスタッフ達の人格! 鬼才・羽生生純、情念の一作!
テロルの箱船
文久三年、春。京都四条堀川で、新撰組の沖田総司が人を斬る瞬間を目撃してしまった横溝獏は、沖田の闇を切り裂くような凍てつく太刀筋に魅入られ、新選組の隊士へ志願する。だが、赴いた屯営で待ち受けていたのは、土方歳三、山南敬助、藤堂平助、沖田総司ら、新選組の四天王と呼ばれる面々との壮絶な立合いであった……。しかし、そこに突如現れた芹沢鴨は、局注法度に背いた隊士を斬らせることを提案。局長である近藤はその案を受け入れ、刀を渡された横溝は…!? そしてこの時から、横溝はテロルの闇に魅せられて行き……。
ほっといてよ! ママ(8)
元レディースの頭だったヤンママ彩華。息子の紫陽の子育て真っ最中。息子のために今日も大暴れ!
だいすき!(3)
8年ぶりのクラス会で泥酔するまで酔ってしまった『大川広美』が目を覚ました時、ベッドで寝ていたのは同級生だった『原真紀』だった。お互いに昨晩の事は覚えていなかったが、真紀の忘れ物を見つけられた広美は彼女と別れる事に。更には住んでいたアパートが取り壊される事になり、広美は新しく住む場所を探す事に。不動産情報を見ながら真紀にその話をした時、真紀から思わぬ提案がされる。月5万、2DK メシ付 同居人付“SEX付”の物件とは…
2015年2月24日