手塚治虫総合版

ジャングル大帝の映画だけが祖母の家にあって、かなり小さい時から何回も見てました。それが手塚治虫作品との最初の出会いでした。 なぜか一番印象に残ってるのは木の根っこを食べて飢えを凌いでるシーンで、今でも脈絡なく思い出したりします。 火の鳥はすごい以外の感想がなかなか出てこないんですが、復活編が特に好きです。あの始まり方は衝撃的でした。

@地獄の田中

ジャングル大帝の映画は見れてませんが、手塚作品は何気ないシーンが結構印象に残ることが多いですよね。 復活編今読み返してみましたが、物凄い展開ですよね…。こういう発想が出来る漫画家さんて今でもそういないと思います。

@けんたろう

最近、手塚治虫作品を原作にした漫画とかをよく見るね。 『アトムザビギニング』もそうだし『ダイモンズ』とか『三つ目黙示録~悪魔王子シャラク~』とか

@名無し

手塚プロ自体が積極的に二次創作を推奨してるんだと思います。
そして原典の手塚作品が売れてwinwinかなと。

子どもの頃はブラックジャックとか鉄腕アトムばかりが手塚治虫作品だと思っていたけど、大人になってみるとあまりの多作ぶりに驚く

@nanasi

火の鳥は一度しか読んでいないので、また読み返したいなと思ってます。鳳凰編のような中世?の日本が舞台になっている話も好きでした。全体的にどれも面白いんですが、未来より昔の話の方が好きでした。色々な話が楽しめるのも火の鳥の好きなところです。

@地獄の田中

手塚プロ自体が積極的に二次創作を推奨してるんだと思います。 そして原典の手塚作品が売れてwinwinかなと。

@けんたろう

なるほどたしかに再注目されるきっかけになりますものね。
いつ読んでも古びない作品が多いので、二次作品きっかけでもどんどん読まれ続けて欲しいです

マンガワンで、手塚治虫9作品が無料で読めますね! 「火の鳥」 「鉄腕アトム」 「ブラック・ジャック」 「きりひと讃歌」 「三つ目がとおる」 「アドルフに告ぐ」 「MW」 「ブッダ」 「どろろ」

マンガワンで、...
@けんたろう

ラインナップが凄まじいですね。マンガアプリはあまり入れてこなかったんですが、「三つ目がとおる」をちょうど読みたかったのでDLしちゃうかもしれないです…

@名無し

マンガワンは手塚作品以外でも小学館系の作品の一気読みをたまにやってくれるのでおススメです。リボンの騎士とかジャングル大帝を入れてくれても良かったかなw

@けんたろう

手塚治虫文庫全集 全200巻 155,600円 (税別) http://www.ebookjapan.jp/ebj/370621/#sets 全集で買うとこれくらいの値段なのか

@名無し

久々にログイン。

文庫全集は紙ですと文庫が厚すぎて読みづらいのですが
電子書籍だとそれが無いので電子での購入がおススメです。
場所取りませんし、何より紙より安い(紙だと195,188円 税込)

またオンデマンド版でB5、B6版での全集の出版が開始されました。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000027516.html
B6版は1冊900円、B5版だと1冊1500円(たまに1400円)で
全343巻…!
B6版で全巻308,700円、B5版で514,500円(1冊1,500円換算)になります。
そうなると電子は凄いお得な気がします(笑)

コメントする