icon_reread
また読みたい
フォロー
保安官エヴァンスの嘘 1巻
「恋?愛?興味がないな」…嘘だ。本当はモテたい。切実に。強き者が掟であった頃、西の荒野のどこかで。全ての犯罪者が最も恐れる保安官がいた。彼の名はエルモア・エヴァンス。超一流、西部最強のガンマンでもある彼は、モテたい。幼少時から女性にモテたいと強く願い、「ガンマンはイケてる」という(時折ゲスな)父の教えを学んだ。だが未だに、恋人いない歴イコール年齢。女性の前でついカッコつけてしまう彼は、モテないこともないのだが、絶妙にうまくいかず、今日もモテる為に、祝福なき死闘を繰り広げてゆく。だが彼の近くには、オークレイという賞金稼ぎの女性がいる。エヴァンスのライバルで超一流の銃の腕前を持つが、射撃一筋でまともな恋愛経験はない。生娘である。お互いに相手が気になりながら… 「まあ、向こうにその気があれば別だけど」と思っているがっ!?
保安官エヴァンスの嘘 2巻
モテる為にカッコつける保安官の西部喜劇! 西部最強ガンマンのエルモア・エヴァンス。保安官として、街の治安を守っている。寡黙でクールな彼の願いはただ一つ。『モテたい』。合コンに誘われたいけど、誘われない。何故ならカッコつけてるから「誘って」って言えない。西部の悪が恐れる男は、今日もカッコつけ続ける… 恋人いない歴イコール年齢の保安官と、同じく奥手な女性賞金稼ぎ・オークレイの、恋の可能性を探り合う攻防戦、静かに白熱中。モテたい全ての人たちへ贈る。(だが特にモテる保証はない)最強銃士の男女による、愛すべき“カッコつけ西部喜劇”!!
保安官エヴァンスの嘘 3巻
モテる為にカッコつける保安官の西部喜劇! 射撃場でファンにちやほやされても、仕事ぶりを評価され州知事から表彰を受けても、気になっている女性・オークレイとデートっぽくなっても、彼は絶対に浮かれたりしない。何故なら、素直に喜ぶのはダサいと思っているから。西部の荒野にはびこる悪党どもが恐れる、最強銃士・保安官エヴァンスは、モテるために今日も全力でカッコつける。そんな彼を殺すための暗殺集団が組織され――!? モテたいすべての人たちへ捧ぐ。「恋人いない歴イコール年齢」の最強保安官と奥手賞金稼ぎが、恋の弾丸を空撃ちしあう西部喜劇!!
保安官エヴァンスの嘘(4)
モテる為にカッコつける保安官の西部喜劇! 保安官・エヴァンスは西部一のガンマンで、賞金稼ぎ・オークレイは銃の腕前を競う強敵(ライバル)である。だがお互いに「向こうがその気なら…」と思っている。二人の恋愛の進展を邪魔するもの、それはプライド。ある日、二人は少女・マティと出会い、大規模な人質誘拐事件に巻き込まれてしまう。エヴァンスはマティを助けるために、マティを“娘”、オークレイを“妻”だと思わぬ“嘘”をつくのだが――!? 恋愛に純情、ゆえに奥手。「恋人いない歴イコール年齢」な最強ガンマン男女が 少女の逃亡を助ける為に夫婦に偽装。その役割だと意外に素直で可愛い西部喜劇!!
保安官エヴァンスの嘘(5)
モテる為にカッコつける保安官の西部喜劇! 西部最強保安官のエルモア・エヴァンス。常にクールな彼の願いはただ1つ… 「モテたい」。ある日、彼は政府から極秘の護衛任務を依頼される。その任務には、連邦保安官の美人助手・アビー、獲物は必ず殺す賞金稼ぎのエド・ウィリアムス、そしてエヴァンスに好意を寄せるオークレイなど、様々な人物の思惑が複雑に絡み合う――… 更にはエヴァンスの父であり最強最低の恋の師・カートも駆けつけ、事態は思いも寄らぬ展開へ!!! ゲスの極み親子、遂に共闘!? 命懸けの極秘任務の最中でも、2人の想いはとにかく「モテたい」!!! 清々しいほど不純な動機で荒野を駆け抜ける西部喜劇!!
保安官エヴァンスの嘘(6)
モテる為にカッコつける保安官の西部喜劇! 西部最強保安官のエルモア・エヴァンス。常にクールな彼の願いはただ1つ… 「モテたい」。ある日、彼は衝撃の事実を知る。なんと「エヴァンス」の名を騙る“偽者”が、大勢の女性を騙し、館に連れ込み遊んでいるというのだ。正義(嫉妬?)の炎を胸に燃やし、エヴァンスは館へ突入! 更にエヴァンスへ好意を寄せるオークレイも駆け付け、“本物”vs.“偽者”のエヴァンス対決は予測不能の展開へ… マジメに保安官を務めるエヴァンスより“偽者”の方がモテてしまう――… そんな不条理が赦されていいのか!? 煩悩を銃に込め、巨悪と戦う西部喜劇!!
保安官エヴァンスの嘘(7)
モテる為にカッコつける保安官の西部喜劇! 西部最強保安官のエルモア・エヴァンス。常にクールな彼の願いはただ1つ… 「モテたい」。ある日、エヴァンスの身を未曾有の悲劇が襲う。エヴァンスが持っていた「エロ本入りの鞄」が、悪党の持っていた鞄と入れ替わってしまったのだ。「エロ本」を取り返すため、決死の追走劇が開幕!! 更にはその道中で“獲物は必ず殺す賞金稼ぎ”のエドも合流し、事態は悪化の一途をたどる―― 宿命のライバル… エヴァンスとエド。遂に2人が銃を抜き、直接対決!! 死闘の果てに「勝利」を、そして「エロ本」
保安官エヴァンスの嘘(8)
西部最強保安官のエルモア・エヴァンス。常にクールな彼の願いはただ1つ… 「モテたい」。ある日、彼の元に仕事の依頼でやって来たのは、かつての師匠であるルーベン・ウェインだった。「惚れ薬の真贋を確かめてくれ」と頼まれた エヴァンスとオークレイは怪しげなパーティへ。そこで実際に「惚れ薬」を試飲した2人に、“ある変化”が生じる――…!!! 互いに惹かれ合いながらも距離の縮まらなかったウブな男女に、千載一遇のチャンスが訪れた!? 事件そっちのけだけど恋は加速… ピュア過ぎる最強保安官の西部喜劇!!
保安官エヴァンスの嘘(9)
モテる為にカッコつける保安官の西部喜劇! 西部最強保安官のエルモア・エヴァンス。常にクールな彼の願いはただ1つ… 「モテたい」。99戦無敗の女ガンマンから呼び出されたエヴァンスとオークレイ。強い方が100人目の相手だと言われた2人は、互いに張り合うも、どちらが強いかはハッキリさせたくないという微妙な関係で――― 100人目の相手はどちらに? そして決闘の行方は!? 銃の早撃ちも、恋の慎重さも西部――… 超奥手だが、一歩一歩前進し続ける“モテに一途な”最強保安官の西部喜劇!!
保安官エヴァンスの嘘(10)
モテる為にカッコつける保安官の西部喜劇! 西部最強保安官のエルモア・エヴァンス。常にクールな彼の願いはただ1つ… 「モテたい」。花屋に来て、真剣な眼差しで花を選ぶエヴァンスの姿を見かけたオークレイ… “永遠の愛”という花言葉を持つ花束を紹介されて、「ピッタリだな。」と頷くエヴァンスに、オークレイの胸中は複雑で―――――― 花束を贈る相手は一体!? 西部一の保安官、エヴァンスが熟考しつつ花束を買う理由とは!? そして、賞金稼ぎ:オークレイがあの重要人物と邂逅す――!? “モテたい”信念を貫く、最強保安官の西部喜劇!!