たとえとどかぬ糸だとしても 1巻
ごくごく平凡な高校生、鳴瀬ウタには、人には言えない秘密があった。それは、実の兄のお嫁さんである薫瑠に恋をしていること。決して実らない恋だけど、日々の営みが嬉しくて、その一方で兄との新婚生活を見ていると胸が張り裂けそうで…。彼女は心を押し殺す。そっと心に秘めた恋心が、目を覚まさないように――。
たとえとどかぬ糸だとしても 2巻
初恋が終わった。――それでも、私の心は前を向くことを許してはくれない。留めていた恋心を開放したウタ。しかしその結果、ウタの初恋はあっけなく終わってしまった。行き場のない気持ちを抱えたまま、それでもウタは恋した義姉と同じ家で過ごし、日々の営みは変わらず続いていく。そんな折、ウタは友人のクロエを慕う少女・みや美と出会い、突然の恋愛相談をされて…
たとえとどかぬ糸だとしても(3)
――このくすぶった気持ちの名前を、私は知っている。怜一と璃沙子を見て動揺し、歩道橋から落ちてしまった薫瑠。幸い怪我は足の骨を折っただけで済んだものの、この一件から、薫瑠は怜一に対して猜疑心を抱いてしまう。病院のベンチで泣く薫瑠。どうして泣いているのかわからないウタは、そんな薫瑠を見て、傷つく彼女の姿をみる辛さを痛感する…
たとえとどかぬ糸だとしても(4)
ついに薫瑠に対して自分の気持ちを打ち明けたウタ。しかし、勇気を振り絞って伝えた言葉ははぐらかされ、進展することも、諦めることも叶わぬまま、ウタはまだ自分の気持ちに終止符を打てないでいた。そんな中、ウタと怜一の母が日本へ帰国、彼女はウタを実家に連れ戻すと言い…
たとえとどかぬ糸だとしても(5)
――壊してしまったのは、私なんだから。ウタの気持ちに気づいていながらも、その気持ちをどう扱ってあげたら良いのか分からずに、はぐらかしたままにしていた薫瑠。しかし、友人からのアドバイスもあり、改めて正面からウタの感情と向き合うことを決意する。それは、ウタと薫瑠の引き返せない対峙を意味していた…
たとえとどかぬ糸だとしても(6)【イラスト特典付】
ウタの気持ちを受け止め、その上で「その気持ちには応えられないし受け取れない」と言った薫瑠。ウタはその言葉に涙し、覚悟を決めて家を出ていくのだった。そしてウタがいなくなり、怜一と二人になった薫瑠は、改めて妻としての自分の立ち位置と向き合うことに…
たとえとどかぬ糸だとしても(7)【イラスト特典付】
突然ウタのスマホに入ったSOS。どうしても気になったウタは薫瑠のもとへと駆け出し、彼女が感じている息苦しさを知る。一方、隠していた想いの一端を吐き出せた薫瑠は、改めて、自身の問題と向き合う決心をし…
たとえとどかぬ糸だとしても『紡いだ糸のその先で』
本書は『たとえとどかぬ糸だとしても7 初回限定版』の付録小冊子を電子版として再編集したものです。