reread
また読みたい
フォロー
東北にある、バカでも入れる小さな美大。山の中にあって女子がほとんどの学校である。壁画の千葉と、日本画の本吉と、洋画の藤本は、同学年の気の合う仲間。冬の寒さも、制作の厳しさも、学生の楽しさも、将来への不安も分かち合いながら、共に過ごしている。真剣に創作をしながら。
絵で美術で大きくなりたいと、創作を続ける千葉と藤本と本吉。本吉の才能に注目が集まり、千葉が丁寧にガラスを形づくり、藤本が自らの絵に問い続ける。自分は、何者かになれるのだろうか。3人は一緒に答えを探し、光を見つける。
話題の美大奮闘物語、心を打ち抜く3集! 個展を経て、改めて美術と向き合う千葉。そんな千葉を、眩しく思う藤本。ひたむきに自分を突き詰める本吉。才能への焦り、仲間といる喜び、途方も無い熱量… 3人は自分のすべてを創作に注ぎ込む。そして少しずつ月日は流れ、「大人」になる時が近づいて来る――
心を溶かす美大物語、葛藤と向き合う4集! 「ダ・ヴィンチ」プラチナ本にも選定された話題作! 人気作家・燃え殻氏によるエッセイを特別収録した第4集!! もがきながらも、美術に目覚めていく美大生3人。学生生活も、気付けばあと1年に。不安と一生懸命さを抱えて、千葉は教育実習へ。藤本は家族と、本吉は過去と、それぞれ真剣に向き合うことに。「人はいつ大人になるのだろう」答えなんて分からない。でも今だけは、背中を押してくれる仲間がいる。