icon_reread
また読みたい
フォロー
真田太平記(1)
日本一の兵・幸村、表裏比興の者・昌幸、明治まで真田の血をつなげた智将・信之… 真田一族の壮絶な生き様を描く池波正太郎原作の傑作大河ロマン『真田太平記』が早くも単行本化! 1巻には武田家の滅亡や、真田忍び対甲賀忍びの戦いを収録。
真田太平記(2)
武田滅亡後、織田家の動向を必死で探る真田昌幸であったが、それは織田家の諜報網を預かる甲賀忍びと真田忍びの激突を意味していた。そして信長は中国攻めのため京に入り、本能寺を宿所に定めるが──。傑作大河ロマン第2集!
真田太平記(3)
本能寺にて信長死す! 収まるかに見えた戦国の世が再び乱世を迎えてしまう。真田領周辺も騒がしくなり、幸村はついに初陣を迎えることになる。また武田、織田と相次いで主を失った昌幸は、生き残りをかけ、ある決断をくだすのだった。
真田太平記(4)
天下をかけて、羽柴秀吉と徳川家康が激突! その余波は真田を大きく揺らすことになる。一方、真田家中では樋口角兵衛が乱心。その刃を真田幸村に向けてしまう。内憂外患に悩む真田昌幸は生き残りをかけて逆転の一手を放つのだが……。
真田太平記(5)
襲いくる徳川の大軍1万。しかし対する真田の兵力はたったの2千で上田城は未完成。真田は、昌幸の胆力、信幸の知略、そして幸村の武勇で立ち向かうが……。前半最大の戦い、第1次上田合戦を完全収録。
真田太平記(6)
豊臣秀吉は帰順を拒みつづける北条の征伐についに乗り出した。しかしその裏には、真田の命運をも揺るがしかねない恐るべき策略が張り巡らされていた──。武将の生き様と忍びの技が縦横に交わる、池波正太郎の傑作大河長編、第6集!
真田太平記(7)
豊臣秀吉のもと天下は統一され、ついに平和が訪れたかにみえた。しかし秀吉はすぐさま朝鮮出兵を推し進め、豊臣政権は完成と同時に陰りを見せはじめる。真田昌幸は忍びを使い情報収集に奔走するが、その前に甲賀忍びが立ちはだかる──。
真田太平記(8)
ついに朝鮮の地に降り立った武将たち。日本軍は想像以上の快進撃を続けるが、異国の戦には思いもかけぬ陥穽が待っていた。そして天下人・秀吉の身体は確実に死へと向かっていた。池波正太郎が戦国時代の終焉を描く大河ロマン最新刊!
真田太平記(9)
『鬼平犯科帳』『仕掛人・藤枝梅安』の池波正太郎の代表的長編歴史大河『真田太平記』のコミカライズ! 9巻では朝鮮出兵の顛末と太閤・秀吉の死が描かれる。そして英雄の死は、信幸と幸村、真田兄弟の運命をも大きく変えていく──。
真田太平記(10)
『鬼平犯科帳』『仕掛人・藤枝梅安』の池波正太郎の代表的長編歴史大河『真田太平記』のコミカライズ。10巻では秀吉死後、武将と奉行たちとの対立が深刻化し、戦乱の気配が迫りくる関ケ原直前の天下情勢が描かれる。