あらすじ

豊臣秀吉のもと天下は統一され、ついに平和が訪れたかにみえた。しかし秀吉はすぐさま朝鮮出兵を推し進め、豊臣政権は完成と同時に陰りを見せはじめる。真田昌幸は忍びを使い情報収集に奔走するが、その前に甲賀忍びが立ちはだかる──。