あらすじ

ついに関ケ原で激突する徳川家康と石田三成。西軍は兵力に勝るが、徳川の調略が激しく、戦意がまとまらないまま合戦に挑むことになってしまう。東軍有利の状況の中、西軍に与する真田忍びは乾坤一擲の策に臨もうとしていた──。