reread
また読みたい
フォロー
超能力が科学によって解明された日本。その力を軍事利用すべく「特殊能力高等学校」が設立され、戦う意味も知らぬまま戦場へと駆り出される生徒達。飛び交う銃弾、希望の見えない敗走、友人達の死。生と死が邂逅する戦場で、少女の手を取った一人の少年。その先にあるのは希望か、それとも―――。少年少女ダーク戦場ロマン、開戦。
超能力を「持たされ」戦場へ放り込まれた、特殊能力高等学校の生徒達。心を蝕まれ始めた少女に、少年は刃を向ける。生も死も、混乱と狂想の果てに、二人を別つべく襲い掛かり……。少年少女ダーク戦場ロマン、思惑が忍び寄る、第2巻。
特殊能力高等学校の生徒達の新たなる派遣先は、フランス。現地で彼らを待ち受けていたのは、「細菌兵器」を巡る陰謀。裏切りと害意の餌食となった渦中で起こる仲間割れは、能力者同士の殺し合いへと……。本当の敵が見えぬまま血で染まる殺戮の場で、少年は少女への一途な愛を噛み締める――。少年少女ダーク戦場アクション、純然たる悪が浸蝕する、第3巻。
フランスでの任務中に仲間割れを始めてしまう学生達。その結果、クロイは相手の攻撃によって過酷な代償を支払う事になる…。そんな状況の中、新薬を用いて更なる混沌を招く常磐。その暴走を止めようとするも致命傷を負ってしまうキキョウとクルミ。そして敵と相対する中で、暴走を始めるマシロ――。少年少女ダーク戦場アクション、フランス編終結と物語の核心に触れる衝撃の第4巻。
クラースヌィ、シーニー、ローザヴィの3人は雪原広がるロシアの大地で特殊訓練を積んでいた。政府視察団に兵士として力を認められれば自由になれる、そう信じて…。だが実弾使用大規模訓練の際にあるトラブルが…。一方、フランスから戻ったクロイ達の前には、怪我によって戦線離脱をしていたボタンがその姿を現し…。少年少女ダーク戦場アクション、特殊能力を持つ少年少女達の葛藤と未来を描く第5巻。
特殊能力高等学校で、初めての学園祭が開催されようとしていた。束の間の平和を楽しもうとするマシロたち。しかし新たな脅威が学園の内側から湧き起こる。襲い来る同級生、殺される教員、そして告発される特能校の真実。その首謀者は――!? 少年少女ダーク戦場アクション、学園祭が血に染まる第6巻。【衣装・武器デザイン協力:三輪士郎】※こちらの商品をご購入の方には、購入から1~2週間以内にデジタル版限定特典イラストを付与させていただきます。※
特能高校をクーデターで占拠したヤナギは、政治家達の殺害を要求する。孤立したマシロたちを救いに現れたのは――クロイとアサギ。しかし暴走したマシロは、仲間にも刃を向けて……。混沌とする事態の中、白栲計画への復讐を求め、校長が対峙した意外な人物は――。少年少女ダーク戦場アクション、殺戮の学園祭は最終局面へ。【衣装・武器デザイン協力:三輪士郎】※こちらの商品をご購入の方には、購入から1~2週間以内にデジタル版限定特典イラストを付与させていただきます。※
クロイ達の目の前で自ら命を絶ったヤナギ。これでクーデターにも終止符が打たれたかと思われたが、クロイの明かす「殺すべきあと一人」とは――…本能のまま戦うマシロ。マシロに刃を向けるボタン。そして体育館に悲しげに響く車輪の音…特能高校での人体実験による兵器開発が公となった今、世界が彼らの能力を見逃す筈もなく……。少年少女ダーク戦場アクション、変革へ向け転調する第8巻。【衣装・武器デザイン協力:三輪士郎】※こちらの商品には、巻末にデジタル版限定特典イラストが収録されています。※