icon_reread
また読みたい
フォロー
ディメンショングリーン(1)
「ダークグリーン」シリーズの3作目となるアクションファンタジー。見知らぬ少女を助ける予知夢を見た青年・瀬尾琢人(せお・たくと)は、その夢の続きを見ようと再び眠ると、今度はなぜか高校時代の物理教師・柴崎(しばざき)と議論する夢を見る。その後、なにかと不運が続いて自殺を考える瀬尾は、自暴自棄で予知夢の少女が告げた待ち合わせ場所のハンバーガーショップへ行き、そこで予知夢の少女・愛川舞(あいかわ・まい)と出会い……!?
ディメンショングリーン(2)
愛川舞(あいかわ・まい)から託されたププラとともに夢世界へ入った瀬尾琢人(せお・たくと)は、「クン」と名乗る子供から24時間以内に「サン」へDNAを届けてほしいと頼まれる。夢から覚めた瀬尾は、舞や柴崎(しばざき)らと公園で会ってその話をするが、ププラの印が柴崎へと移ってしまう。そして舞のためにサンへDNAを届けようとする瀬尾は、その後に見た夢の中でププラの羽を手に入れて……!?
ディメンショングリーン(3)
蜘蛛の巣にかかった愛川舞(あいかわ・まい)が、蝶に殺される予知夢を見た瀬尾琢人(せお・たくと)。舞のことが気になりながらも仕事も金もアパートも失った瀬尾は、公園のベンチで眠り込んでしまい、ヒトの夢に入れる力を手に入れたリュオンと出会う。そして瀬尾は、危険が迫る舞を助けるべくリュオンとともに彼女の夢の中へ……!?
ディメンショングリーン(4)
柴崎(しばざき)の家に居候することになった瀬尾琢人(せお・たくと)は、名取(なとり)からの電話で愛川舞(あいかわ・まい)が重体だと知らされる。急いで病室へ駆けつけるが間に合わなかった瀬尾は、急死した舞の魂を連れ戻して生き返らせるために、病室に居合わせた北斗(ほくと)とともに「精神次元」へと向かうのだが……!?
ディメンショングリーン(5)
愛川舞(あいかわ・まい)の魂を連れ戻すことに成功した瀬尾琢人(せお・たくと)だったが、柴崎(しばざき)には、舞たちの遊びに付き合わされているだけ。それはただの現実逃避だ。と、諭されてしまう。そうして改めて現実を直視した瀬尾だが、職は一向に決まらず憔悴しきっていた…。そんな時、家に訪ねて来た名取(なとり)に、「精神次元」やリュオン、舞や北斗(ほくと)たちと体験したことは全て瀬尾の現実だと叱咤され…!?
ディメンショングリーン(6)
美久ことり(みく・ことり)と柴崎(しばざき)と共に、夢の中で逃げ続ける瀬尾琢人(せお・たくと)。この危機的状況を打開するには、状況を把握し、ただの夢だと素直に受け入れること。反発はストレスであり、心を開いて夢に委ねることが必要だと、瀬尾は柴崎に助言を受ける。だが、次々と起こる荒唐無稽な現象に、瀬尾は困惑するばかりだった…。
ディメンショングリーン(7)
ようやく夢から覚めることができた瀬尾琢人(せお・たくと)だが、ポケットには現実に存在しないはずのププラの姿が…?そんな時、高校時代のクラスメート、華穂と偶然再会した瀬尾。友人の神田川と結婚間近の華穂から、本当は瀬尾のことが好きだったと告白され、あの時自分が告白していたらと思った瞬間――目の前に高校時代の瀬尾と華穂が現れて…!?
ディメンショングリーン(8)
北斗(ほくと)とリュオンの助けで、今度こそ本当に夢から目覚めることができた瀬尾琢人(せお・たくと)。だが、4日間の眠りから目覚めたのは瀬尾だけで、柴崎は未だ悪夢の中に置き去りになったままだった…。病院に運ばれた柴崎は、衰弱死は免れたものの、目覚める兆しは見られなかった。そして瀬尾は、名取(なとり)から愛川舞(あいかわ・まい)が死んだと告げられ…!?
ディメンショングリーン(9)
瀬尾は自分の夢の中に置いてきた柴崎を探すため、北斗と共にふたたび夢の中へと向かう。強引についてきた高校生の少女・名取やリュオン、ププラも加わり、目的地のヒトのヨドミを目指す瀬尾たちだったが、着いた先はなんと6千万年以上も過去の恐竜世界だった…!!
ディメンショングリーン(10)
異物である瀬尾や北斗を監視していた鳥たちは、リュオンが剣で攻撃したことから人間を敵と見なしてしまう。人間を排除しようとする鳥にあえて攻撃することで、その地から飛ばされた北斗たちだが、瀬尾と名取は残されてしまった。残された二人は、記憶を過去へ過去へと遡っていくが…。