バラ色の聖戦 1巻
主婦として全力で頑張ってきた毎日。でも私は女としての大切な何かを失ったのではないだろうか――。夫・敦司(あつし)の浮気相手の仲人をすることになった真琴(まこと)は、式当日、最後の妻のプライドとして、背筋を伸ばして入場する。その姿は新婦すら圧倒するオーラを放っていた。式の後、カメラマンが声をかける「あなた変わりますよ」。真琴は美の再生を懸け新しい扉を開く!失われたキレイを求めて――。主婦・真琴(30歳)の美への挑戦が始まる!
バラ色の聖戦 2巻
失意のどん底から救ってくれた人――。自分の中のなにかが引き出され、私は別人になる。弱小ながらもプロがいるモデル事務所・ウェイブに研修生として所属できた真琴(まこと)。しかしプロへの道は、想像を超える過酷なものだった。夫の大反対、ママ友や同僚の冷たい視線、初仕事での失敗、広がる紗良(さら)との差……。しかし、どん底の真琴に救世主が現れる!それは――?プロモデルを目指す日本一無謀な主婦・真琴(30歳)の戦い、本格化!!
バラ色の聖戦 3巻
“美”降臨!!!主婦・真琴(まこと)、プロモデルへ1stステップアップ!プロカメラマンの浅野(あさの)、先輩モデルの美鈴(みすず)、事務所社長のまどか……。ファッション業界で働く人達との新しい出会いによって、真琴は平凡な主婦から脱皮していく。だがそのことが、夫・敦司(あつし)との軋轢をさらに激しくする。主婦とモデルの両立は可能なのか……?夢をあきらめ現実だけを見る。それが主婦の役割なのか――?
バラ色の聖戦(4)
主催は紗良(さら)の美生館!超難関オーディションに真琴(まこと)が挑む!!!真琴のモデル人生を絶つために、紗良が仕掛ける卑劣な罠。自分の全てをかけて戦う真琴。オーディションの成否は!?運命のオーディション、ライバル・紗良が用意したのは背中が閉まらないドレス!!あなたならどうする!!?真琴の決断は――そうだ堂々と着ればいい。ヘンな服あてがわれてオドオドしてるモデルほど見られないものはない。ここがモデルの魅せどころ!!
バラ色の聖戦(5)
ウエディングショー開幕!きらびやかな舞台とその裏側で女たちの戦いが始まる――。オーディションを実力で勝ち抜いた真琴(まこと)は、モデルとしてウエディングショーへの出演が決まる。しかしショー前日、子供たちの面倒を見てくれる約束をしていた敦司(あつし)が、接待ゴルフへと出かけてしまう。子供たちを置いて出かけることはできない……!真琴の取った行動は?夢の舞台を阻むのはライバル・紗良(さら)だけではない!
バラ色の聖戦(6)
「そうだ、これでいい。ここがあたしのいるべき場所――」2児を持つ主婦でありながらプロモデルを目指す真琴(まこと)は、美生館(びせいかん)主催のウェディングショーで鮮烈なデビューを飾る。しかし子供を24時間保育に預けてショーに出演したことが、家族問題に発展。さらにライバル・紗良(さら)が真琴がモデルをやっていることを夫・敦司(あつし)の銀行にバラしたことで、窮地に追い込まれる。真琴の決断は!?
バラ色の聖戦(7)
モデルの世界には戻らない!夫のため、子供のため、決意したはずなのに……。――モデルになる夢を捨てた真琴(まこと)は、辛い現実のなかで自分を見失っていく。親友の美鈴(みすず)はモデルとして頭角を現すが、紗良(さら)の逆鱗に触れ、新たなる標的とされる。再び仕掛けられる恐るべき罠!紗良は、名声の先に何を手に入れたのか――。彼女を脅かすものとは?
バラ色の聖戦 8巻
モデル復帰なら離婚――主婦・真琴(まこと)、人生最大の岐路に立つ!!!受け入れがたい現実の前で、真琴が未来のためにくだす決断は?紗良(さら)の策略にはまり失墜した美鈴(みすず)は、雑誌『VENUS』からイベント出演のチャンスを与えられる。しかし、本番でまたもや紗良が立ちはだかる。潰えた夢。美鈴は真琴に電話をする。2人で交わした最後の言葉……。冷徹な運命を前に真琴のモデル復帰の決断迫る!
バラ色の聖戦(9)
親友・美鈴(みすず)の死をきっかけにモデル復帰を決意した真琴(まこと)は、敦司(あつし)に対して離婚を要求する。受け入れた敦司だったが、親権は譲らない。モデルとして再スタートしなければ子供たちは奪われてしまう。真琴は再起をかけて強者が揃うCMオーディションに挑む。その合否は――?
バラ色の聖戦(10)
チャンスの神様は前髪しかない!!!“良き妻”を演じたCMが好評を得た真琴(まこと)は、パーティーで気鋭の監督・柳沢(やなぎさわ)から新CM出演をオファーされる。真琴のキャリアにとっては願ってもない仕事だが、全裸で毒グモを演じなくてはならない。家族の反対のなか、真琴はさらなる高みを目指し出演を決める。難題だらけの過酷な撮影を乗り越え、無事にCMは完成するのか!?