icon_reread
また読みたい
フォロー
わたしに××しなさい!(1)
「絶対零度の雪女」とクラスでおそれられる雪菜(ゆきな)の裏の顔は、超人気ケータイ小説家のユピナ!悩みは、恋愛体験ゼロのせいで、読者が期待するラブが書けないこと。でも、偶然拾った、学校一の人気者・時雨(しぐれ)の生徒手帖から、時雨の黒い秘密を握り、彼をキョーハク。手をつなぐ、抱きしめる、キス……恋愛のシチュエーションを時雨に強要して、ラブを学ぶことに!?絶対服従、恋のミッションが今始まる――!!
わたしに××しなさい!(2)
雪菜(ゆきな)の裏の顔は、超人気ケータイ小説家のユピナ!悩みは、恋愛体験ゼロでラブが書けないこと。でも、学校一の人気者・時雨(しぐれ)の黒い秘密を握り、彼をキョーハク。恋愛のシチュエーションを時雨に強要、ラブを学ぶことに。女王様・雪菜の命令に、従順なシモベのふりをしながら反逆を企む時雨。でも、そんな雪菜を近くで見守るいとこ・晶(あきら)が許さない!雪菜、時雨、晶、予測不能の三角関係がスタート!!
わたしに××しなさい!(3)
恋愛体験ゼロの雪菜(ゆきな)の裏の顔は、超人気ケータイ小説家・ユピナ。学校一の人気者・時雨(しぐれ)の秘密を握った雪菜は、彼を脅迫して、ラブを学ぶことに。従順なシモベのふりをしながら反逆を企む時雨だけど、雪菜を見守るいとこ・晶(あきら)が許さない!時雨とのかけひきと晶のピュアな思いの間で、ドキドキの雪菜。そんな時、時雨の女(?)マミが登場して三角関係が四角に!?
わたしに××しなさい!(4)
「あいにく応援されるような恋愛は求めてないんでな。」予測不能のラブ&ミッションに、もうドキドキが止まらない――!!男にも女にも一目おかれる、病弱&可憐な美少女・マミ。「時雨(しぐれ)を好きなら応援する」と雪菜(ゆきな)に急接近してきたが!?本当の恋も知らなければ、女同士の牽制も理解不能な雪菜。このままじゃ、マミに時雨を取られちゃう――!!
わたしに××しなさい!(5)
ラブを経験すると、わたしの体はどうなるんだ――?マミとのゲームのために時雨(しぐれ)を避けていた雪菜(ゆきな)。しかし最後の最後で時雨が猛反撃!おまけにマミから、さらに過激な指令を出され……。Wデートでのふたつの「××」は、マミの思うツボ?それとも……!?超アツくてカゲキ!新感覚イチャ・シチュ・ラブ!
わたしに××しなさい!(6)
「わたしとの絆が……ほしいのか……?」――マミにもてあそばれた仕返しに、時雨(しぐれ)を誘惑する雪菜(ゆきな)。2人のキョリを少しずつ縮める雪菜と時雨だったが、その陰でマミの心はバランスを崩しかけていた。そこに気づいた晶(あきら)は……。もつれあう四角関係がビミョーに変化する、新感覚ドキドキ・シチュエーション・ラブ!!
わたしに××しなさい!(7)
「バカ……わたしのことっ……見もしないで……」「まだ、とちゅうじゃないかわたしと、おまえの愛の物語は」――ついにマミが時雨(しぐれ)に本気(マジ)告白!!予想外のマミの告白にとまどいを隠せない時雨。そんな時雨の態度に焦れた雪菜(ゆきな)はマミにまさかのライバル宣言?おまけにマミの恋を晶(あきら)が陰で応援して――!?
わたしに××しなさい!(8)
「ねぇ……もっと、オレのこと……意識して……」大人気イチャ・シチュ・ラブ!!――「逆ミッション」中の雪菜(ゆきな)の前にあらわれたのは、弱点のきっかけになった保育園の先生・霧島(きりしま)だった。動揺する雪菜は、胸の奥のある気持ちに気づいて――!?四角関係に新キャラ参戦!?「初恋」が嵐をよぶ!!
わたしに××しなさい!(9)
トラウマの原因となった幼稚園の先生・霧島(きりしま)は実は初恋の人だった!フクザツな気持ちの雪菜(ゆきな)だったが、ラブを知るチャンスと急接近。いっぽう時雨(しぐれ)は、自分と同類の気配を感じる霧島に、うさんくささMAX。しかも、ただならぬウワサまで耳にして――!?霧島のヒミツと真意が明らかになる!!
わたしに××しなさい!(10)
時雨(しぐれ)か晶(あきら)か。ついに雪菜(ゆきな)の「恋人」をえらぶデートミッションがスタート!初恋スランプで小説ランキングがダウンの上、「がんばってくださいね(笑)」とライバル・ドルチェに応援(笑)され、雪菜の作家魂が大炎上。激しいラブがしりたいと、恋人選抜デートバトルを時雨と晶に突きつけた!……ら、男子二人の想定外の行動が!?