icon_reread
また読みたい
フォロー
夢降るラビット・タウン(1)
服を着て立って歩くウサギと人間達が共に住む町“ラビット・タウン”。天文台で働く少年・辺太と太ったウサギのポンペイは今日も不思議な騒動に巻き込まれます。農薬を使い質の悪いイチゴを量産する強欲な霧吹オヤジに対し、自然を敬う天才・勾玉博士が取った手段とは?『イチゴ・ジュース』。脳ミソ活動液を飲んだポンペイが作った人体模型器械・骨平太が夏美に恋した!骨だらけの不気味な姿を嫌われた彼は肉体を持そうとする……『オリオン肉店』。天文台で働く少年・辺太と太ったウサギのポンペイは今日も不思議な騒動に巻き込まれます。都会から出たゴミを集めラビット・タウンに捨てる霧吹オヤジ、でも本当に悪いのは“もったいない”という気持ちを失った人々では?『GOMI』。
夢降るラビット・タウン(2)
朝な夜なに夏美への求愛の歌を捧げる骨平太は現実を知る!『LOVE・IS・WANTING』。リゲルから来た“パルル”が種ドロボウ!どうして?『言霊』。トマトを買い占め値を吊り上げた霧吹オヤジに、勾玉博士が制裁を加える『TOMATO』。アンモナイトに描かれた模様に魅せられたポンペイと辺太、二人が出会ったのは……『縫合線』。相も変わらず夏美に懸想する骨平太が投函した恋文に貼られた切手は、マニア垂涎の品『南段藤原切手』。死者が付ける三角形の布“天冠”をふざけて着ていたポンペイと骨平太、バチ当たりな二人に勾玉博士が怒る『OH三角!!』。パルルが開いた料理店、彼の料理を口にした者は皆……『文明の階段』。
夢降るラビット・タウン(3)
天文学への道が挫折しつつあった辺太が出会った不思議な夜汽車。車中には大志を抱き、上京する在りし日の自分が居た!『夜汽車になりたい』。骨平太が霧吹きオヤジに叩き売った古代王朝の遺物、そこに封じ込まれていた“王が最後に見る夢”とは……『王の夢』。夜な夜な夏美の家に置いて行かれるマヤ文明調の装飾品、一体誰が?『女王讃歌』。サイコロ博打で天文台が骨平太の物に!でたらめな流星群情報を流す骨平太、一方、霧吹オヤジは自分の巨大石像を作らせる……『しゅうてんぐ・すたあ』。夏美を含めすべてにやる気が起こらない骨平太、そんな彼を一発で奮い立たせてくれる不思議な岩とは?『気爆岩』。
夢降るラビット・タウン(4)
出土品から遥か昔の暮らしぶりを推察する考古学、そこにロマンを抱く夏美だが、功を焦った骨平太は……『時を読む』。ガラクタばかり売っている星のバザールにあったメソポタミアの望遠鏡、見えるはずのない環状星雲が見えたわけは?『星メガネ』。ガニメデ・シティの伝説的怪盗ジュジュラが、霧吹オヤジのお宝を狙っている!果たして勾玉博士はそれを阻止できるのか!!『怪盗ジュジュラ』。新星を発見して名前を残したい!やっきになって昼夜を問わず空を観察する骨平太だが、なぜかいつも先を越される『星に名前を』。骨平太と夏美が食事を共にする!天文学者の名を冠したカレーとは?そして宮沢賢治の名作“銀河鉄道の夜”に秘められた謎とは?『ハッブル・カレー』。
夢降るラビット・タウン(5)
突然、無気力になりすべてにやる気を失う者が続出。夏美や霧吹オヤジが、そして勾玉博士までもが!『どうでもいいべよ』。“ウサギたちよ、いつから人間の真似をして服を着て家に住むようになった?”全ての資産を放棄しハダカで雪の中にうずくまる事を説く「原始教」、ポンペイもその言葉に感化されるが……『原始教』。霧吹が不当な手段で手に入れた山から山ブドウを盗むラビットタウンの住民達、それに怒った霧吹がとった手段とは?『はじめにブドウありき』。雪ダルマの出来栄えをけなされるとなぜか落ち込んでしまうポンペイ、その理由は?『冬の聴覚』。いよいよ兎の街も見納めです。