icon_reread
また読みたい
フォロー
魔女の心臓(1)
しゃべるランタンと共に旅をする少女ミカは、吹雪を避けて立ち寄った教会で「心臓のないあわいの魔女」の噂を聞く。悪魔に心臓を売って、不死になった魔女が新しい心臓を求め、夜な夜な森を通る人間の心臓を狩るという…。あわいの魔女の正体とは一体…!?荘厳華麗な世界で繰り広げられる、純然たるファンタジー!!
魔女の心臓(2)
人魚を祀るという教会がある街で、ミカ達は一人の司祭から人魚を救って欲しいと頼まれる。自らの死を求める者と不老不死に焦がれる者。「人魚」にまつわる秘密に近づいた時、その古き教会が隠している秘密を知る…。話題沸騰の本格ゴシックファンタジー第2巻!!
魔女の心臓(3)
村人を脅し、生け贄を要求するという銀の竜。その竜退治を頼まれたミカ。銀色の月の下、静寂の世界で出会った二人。互いに悠久の時の中を生きてきた「魔女」と「竜」。それはミカとルミエールのはじまりの物語。二人の時間がゆっくりと動き出す……。
魔女の心臓(4)
その街の真ん中にそびえる巨大な塔には、かつて偉大な魔法使いが住んでいたという。しかし200年前、突然魔法使いは行方不明となりそれから塔は不思議ないばらに覆われ、何者の侵入も許さずにいた…。いばらに覆われた、その塔は一体何を隠しているのか、そして魔法使いの行方は…!?「大魔法使いローリスの塔編」収録の第4巻!!
魔女の心臓(5)
教会で暮らす、あどけない少女と敬虔な修道女。雪が降り積もるその街で二人は、まるで姉妹のように仲良く暮らしていた。しかし、守りたい日常は突然終わりを告げる。隠したい嘘と消したい記憶、罪を埋めるには、この雪はあまりにも潔白すぎて。神の下で隠そうとした罪とは一体…!?
魔女の心臓(6)
魔女のジュリアはある日、森の中で血塗れで倒れていた一人の少女と出会う。その少女は、自らの記憶も行く当てもなく、そして何故か、心臓が止まっているのに生きていた。謎に包まれた少女にジュリアは「魔女になれ」と言う。この子がいつか望む場所に帰れるように――…。魔女ジュリアとの出会いが、幼きミカの運命を変える。
魔女の心臓(7)
辿り着いたその街は、過去にミカが訪れたことがあった街だった。五百年かけて振り出しに戻って来た事実に戸惑うミカ。そして妹のニナは、ルミエールにミカの旅をやめさせろという。その言葉の意味するものとは!? 始まりと終わり、ミカとニナ。辿り着く先は果たして――…。
魔女の心臓(8)
500年前に妹のニナと別れた湖に辿り着いたミカ。そこで出会った湖の精ロルロージュは語る、先読みの巫女リサがお腹に宿した双子の秘密…。そしてミカとニナが別れたあの日の二人の記憶、答えは全てそこにあると。不老不死の魔女の秘密とは!? 大人気ゴシックファンタジー感動の最終巻!!