あらすじ

東凱グループの隆盛と繁栄を祝う黒撫祭の準備が進む中、師団長より動物の惨殺死体とともに処刑宣告が毎日送りつけられる姿強平(すがた・きょうへい)。そんな強平を心配する姿梓(すがた・あずさ)は、新たに送られた処刑宣告を見たショックで倒れてしまう。そして屋敷のベッドで眠っていた梓は、窓に映る怪しい人影に悲鳴を上げ、その悲鳴で駆けつけた強平は、師団長らしき男と対峙するのだが……!?