reread
また読みたい
フォロー
バビル2世が帰ってきた!16歳になった超能力少年・山野浩一は研究所で101と呼ばれ、病人に活力を与えるために自分の特殊な血液を提供していた。しかし実際には超能力者が作り出され、巨大組織に悪用されていることを知り、脱出する。平和を守るため、超能力を持つ分身を始末しようとする101と、組織の戦いが始まった!
巨大組織の陰謀に気づき、作り出された超能力者を自らの手で始末しようとする101。赤毛のジャックを倒した101だが、次なる能力者・ドミノは組織も手を焼くほど残忍な男だった。101の血液によってその残虐性を増したドミノは101の仲間をも手にかけ…?
ジャック、ドミノ、アーネストと3人の超能力者を倒した101。101が相手のエネルギー衝撃波を吸収できることを知らない組織は、その力の秘密を探るべく超能力者を二人派遣し、二人一組で倒そうとする。そしてその一人、ジェームスが隙を突いて背後から101を狙撃した!
驚異的な101の能力の前に次々と敗れ去る組織の超能力者たち。まともに戦って勝ち目がないと判断した組織は、機械によって101を葬り去ろうとする。最後の超能力者・レナードが囮になり、施設におびきよせられ、化学兵器の攻撃にさらされた101。この危機を乗り越えて組織を壊滅させられるか?
謎の男が3つのしもべの居場所と引き換えに101の血液提供を要求してきた。いったい誰が、なんのために?要求をのみ、3つのしもべの救出に成功した101は相手の正体を探る。その謎の先にいたのは…ヨミ!何度も死闘を繰り広げた宿命の相手、バビル2世とヨミの最後の戦いが始まる!衝撃の完結編!!