あらすじ

空港建設現場火災を鎮火させため組。大吾たちが撤収作業を始めたころ、ひとりで空港内の見回りをしていた五味所長は地下に不審な光を発見、何とそれは炎だった。五味は事態を無線で消防車に知らせるが、地下のため電波状況は最悪。状況判断ができないまま大吾たちは消火に向かった。