また読みたい
フォロー
「鏡の門」というビジョンを媒介にして、自分の想像したものをなんでも一つだけ現実にしてしまうことができる能力を持つ少女が、捕らわれていた研究所から逃げ出した。追っ手から逃げる少女が出会った人物は――『ぼくらのよあけ』で2012星雲賞候補になったSFコミックの旗手がコミックリュウで初連載。その待望のコミック第一弾。
「研究所」から脱走して、初めて「外の世界」を知った少女・紗名。彼女は「想像したものをすべて現実に出現させることができる」万能な超能力の持ち主。しかし幼くて未熟なため、能力を使いこなすことができていない。途方にくれていた彼女が出会ったのは、由緒正しい日本の頑固じいさん・蔵六。超能力も何も関係なく「悪いことは悪い」と真正面から説教してくる蔵六との出会いが、紗名の運命を、そしてこの世界の運命をも大きく変えていくことになる…。強大な能力者「ミニーC」の登場で紗名は窮地に。様々な組織の思惑が交錯する中、ギリギリの状況で紗名と蔵六が選んだ道とは――。「泣ける!!」と大反響のSFファンタジー、待望の第2巻。
「研究所」から脱走して、初めて「外の世界」を知った少女・紗名。彼女は「想像したものをすべて現実に出現させることができる」万能な超能力の持ち主。しかし幼くて未熟なため、能力を使いこなすことができていない。途方にくれていた彼女が出会ったのは、由緒正しい日本の頑固じいさん・蔵六。超能力も何も関係なく「悪いことは悪い」と真正面から説教してくる蔵六との出会いが、紗名の運命を、そしてこの世界の運命をも大きく変えていくことになる…。絶対絶命の窮地を脱した紗名と蔵六に平穏な日常が訪れた。蔵六の花屋を手伝い、一条さんから勉強を教わり、紗名は少しずつ成長していく。しかしその頃、新たに“アリスの夢”の能力に目覚めた少女がいた――。第17回文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞。新章突入でますます見逃せない“現在の名作”SFファンタジー、待望の第3巻。
「研究所」から脱走して、初めて「外の世界」を知った少女・紗名。彼女は「想像したものをすべて現実に出現させることができる」万能な超能力の持ち主。しかし幼くて未熟なため、能力を使いこなすことができていない。途方にくれていた彼女が出会ったのは、由緒正しい日本の頑固じいさん・蔵六。超能力も何も関係なく「悪いことは悪い」と真正面から説教してくる蔵六との出会いが、紗名の運命を、そしてこの世界の運命をも大きく変えていくことになる…。蔵六の花屋を手伝い、一条さんから勉強を教わる日常の中で、少しずつ成長していく紗名。しかしその頃、新たに“アリスの夢”に目覚めた少女がいた。敷島羽鳥――彼女は「他者の心を操る」魔法を手にしていた…。第17回文化庁メディア芸術祭マンガ部門“新人賞”受賞作品。
「想像したものをすべて現実に出現させることができる」魔法の力を持つ少女・紗名。「研究所」から脱走し、途方に暮れていた彼女が出会ったのは、頑固じいさん・蔵六。この蔵六との出会いが、紗名の運命を、そしてこの世界の運命をも大きく変えていくことになる…。「他者の心を操る」魔法を使える少女・羽鳥と出会った紗名。しかし羽鳥のせいで楽しみにしていた約束を邪魔されたこともあって、紗名はどうにも羽鳥のことが気に入らない。そしてある日、紗名は羽鳥を「ワンダーランド」へと誘い込む…。第2部「羽鳥編」クライマックス!!
蔵六たちに平穏な日常が戻ってきた。友達になった羽鳥&歩と一緒に小学校へ通い始める紗名。一方で…世界は変容を続けており、“アリスの夢”の存在は各国政府によって公表され人々に知れ渡っていく。そして…紗名にとって、人類にとって【最大の敵】となる“赤の王”が…この世界の何処かに誕生した――…。待望の【第3部】開幕。第17回文化庁メディア芸術祭マンガ部門“新人賞”受賞作品!!
【電子限定特典ペーパー付き】「想像したものをすべて現実に出現させることができる」物凄い超能力を持った少女【紗名】。彼女が出会った花屋のじいさん【蔵六】は、そんな超能力など気にもせずに「人間として悪いことは悪い」と真正面から説教してくる厳しくも正しい人だった…。【第3部】では、最大の敵【KING】が出現。度外れた能力を無邪気に行使して、人類を大変な危機に陥れようとしていた――。
【電子限定特典ペーパー付き】老人の名前は“蔵六”。「曲がった事が大嫌い」な頑固じいさん。少女の名前は“紗名”。“アリスの夢”と呼ばれる不思議な能力の持ち主。“研究所”から逃げ出して、初めて“外の世界”を知る。紗名の不思議な能力など関係なく「悪いことは悪い」と説教してくる蔵六との出会いが、紗名の運命を、そしてこの世界の運命をも大きく変えていくことになる――。8巻では…新キャラクター【ノエミ】が登場。物語は【蔵六の過去】へと迫っていく……。