reread
また読みたい
フォロー
玄界遊侠伝 三郎丸(1)
昭和20年8月、終戦間近の福岡県の玄界灘に浮かぶ孤島、神対島。この島に10歳になる少年、足立三郎丸がいた。終戦を迎え、敗戦国となった日本で、海女として働く母親と強くたくましく生き、そして、度胸と愛嬌で成長していく一人の男の物語!
玄界遊侠伝 三郎丸(2)
生きることで精いっぱいの終戦直後の日本。三郎丸少年が住む玄界灘の神対島にも、敗戦の荒波が押し寄せてくる。そんな時、ほほえみ善次郎が率いるテキヤ集団・玄海一家の縄張りである神対島に、復興勢力・後藤寺組が参入してきた。善次郎と海水で五分と五分の兄弟盃をかわしていた三郎丸は…。
玄界遊侠伝 三郎丸(3)
中学生になった三郎丸少年。敗戦後の日本は法も秩序もなく、どこの街にも不良少年たちが集団をつくり、悪さをくり返していた。3年ぶりに小倉の街にやって来た三郎丸も、そこで荷物を不良少年にひったくられてしまう。そして、不良少年を追いつめた三郎丸の前に現れたのは、グループの頭・小倉のタカという少年で…!
玄界遊侠伝 三郎丸(4)
三郎丸の母親が働く神対島の神対炭鉱は、母親をはじめ、半裸の女性たちばかりで、目のやり場に困る三郎丸をからかい、喜んでいる。その炭鉱が国営になり、政治結社が仕切ることになったのだが…。政治結社の親玉がゴロツキを炭鉱に送り込み、そこで働く人たちにイヤがらせを始めると、炭鉱の民衆の不満は今にも爆発しそうに…!
玄界遊侠伝 三郎丸(5)
人を人と思わない上層部の人間に、ガマンの限界を超えた三郎丸ら神対炭鉱の鉱夫たちは、ついに暴動を起こす!そして、炭鉱の責任者・宝部を狙う三郎丸は、ついに宝部を殺してしまう。人殺しの罪で警察から追われる身となった三郎丸を、ほほえみ善次郎、アメリカ軍のジェシカ大尉らが助けようとするが…!?
玄界遊侠伝 三郎丸(6)
時は過ぎ、昭和25年――16歳になり、たくましくなった三郎丸は、人殺しの罪で追われた神対島を離れ、東一郎と名乗って下関の魚市場で働いていた。だが、そこでの葵・梓母娘との出会いを切っ掛けに、その後、梓に惚れている真中組若頭・福田とケンカになった三郎丸は、福田の親分・真中組組長らも巻き込んで大騒動を起こす!そうしてついには、下関にもいられなくなってしまうが…。
玄界遊侠伝 三郎丸(7)
九州は小倉に戻った三郎丸を待っていたのは、三郎丸を兄貴と慕う小倉のタカ。タカは自分でまとめた足立組の組長になるよう、三郎丸に頼むが…その小倉には若い女たちの集団、紅孔雀団など、チンピラグループが乱立していた。小倉の街に興味を持った三郎丸は、しばらく小倉で過ごすことに!
玄界遊侠伝 三郎丸(8)
小倉のタカのもとで生活を始めた三郎丸は、タカが率いる集団の女性、火見子と仲良くなるが、その火見子の男・英吉が八カ月ぶりに少年院を出所するという。そして二人の仲に気づいた英吉を見て、三郎丸は身を引こうとするが…。その後三郎丸は、神対島の牧師…現在は博多の中学の教師・白菊に再会し、なんと三郎丸に弟が誕生したと知らされて…!?
玄界遊侠伝 三郎丸(9)
足立組組長を正式に名乗ることになった三郎丸。九州は小倉の親分衆を取持人、役員人にして儀式をし、教師だった白菊と所帯をもつことに。そして足立組結成から1年以上が過ぎ、着実に地盤を固めていく三郎丸だったが、足立組が大きくなればなるほど、他の組織との抗争が絶えず…。だがそんな中、ようやく三郎丸にもめでたい話が…!?
玄界遊侠伝 三郎丸(10)
昭和27年4月、日米安全保障条約発効。アメリカ軍の独占時代は終わりをつげる。同じ頃、神対島にいた時に世話になった、ほほえみ善次郎が筑紫海蔵舎の二代目を襲名することになり、襲名披露の前に三郎丸を訪ねて来る。久し振りに二人で話す三郎丸と善次郎だが、そこに善次郎を狙う刺客が…!