ストアに行く
本棚に追加
本棚から外す
読みたい
積読
読んでる
読んだ
フォローする
メモを登録
メモ(非公開)
保存する
お気に入り度を登録
また読みたい
『テンカイチ 日本最強武芸者決定戦』のクチコミ投稿
クチコミで好きなマンガを広めよう!
話題の種類
「マンガのクチコミってどうやって書けばいいの?」という方へ!選んだ話題に応じた書き方のヒントや例文を表示します。初めての方は、練習用ページで気軽に投稿の練習をしてみてください。
タイトル
本文
テンカイチ 日本最強武芸...
テンカイチ 日本最強武芸者決定戦
中丸洋介
中丸洋介
あずま京太郎
あずま京太郎
あらすじ
日ノ本最強の武芸者は誰か!? これは我々の知る歴史ではない。時は西暦1600年。“織田信長”が天下統一してから10年が経過していた。信長は自分の死期を悟ると、最強の武芸者を輩出したものに“この国”を譲ると発表。天下統一の夢破れた武将たちは、それぞれ最強の武芸者を擁立し、この国の王を目指す! 第一試合は“天下無双槍”本多忠勝(後援:徳川家康)VS.“進化する天稟”宮本武蔵(後援:長宗我部元親)!! 誰もが夢見た異種武術時代絵巻、堂々開幕!!!!!!!

Web掲載情報

テンカイチ 日本最強武芸者決定戦
テンカイチ 日本最強武芸者決定戦の情報の提供お待ちしてます!
掲載している内容の誤りや、この作品に関するおすすめの記事、公式情報のリンクなどはこちらからお送りください。みなさまのご協力をお願い申し上げます。
【過去ログ】きょうの新連載&読切まとめ
日本最強武芸者決定戦」中丸洋介/あずま京太郎 《新連載》「死相学探偵」西塚em/三津田信三 《読切》「きみはマ児メシア」ヒビキズ 【グランドジャンプ】 《新連載》「世田谷イチ古い洋館の家主になる」山下和美 【ミステリーボニータ】 《新連載》「きみを死なせないための物語~番外編~」吟鳥子 《読切》「行く先ハラ次第」さかさかな 【月刊プリンセス】 《新連載》「時をかけるスケバン刑事」和田慎二/室長サオリ 《新連載》「Re:スケバン刑事」和田慎二/福井あしび 《新連載》「キング・オブ・アイドル薔薇王の学園」阿部川キネコ/菅野文 ◇◇◇2021年1月5日(火)◇◇◇ 【コミックフラッパー】 《新連載》「日常ロック」松並香葉/トラゾ/日常組 《新連載》「おとりよせしまっし!」ちさこ ◇◇◇2021年1月4日(月)◇◇◇ 【週刊少年ジャンプ】 《読切》「We Were Born」白井カイウ/出水ぽすか 【ジャンプSQ.】 《新連載》「総理倶楽部」日丸屋秀和/佐倉ケンイチ 《新連載》「謎尾解美の爆裂推理!!」おぎぬまX 《読切》「Re.Writer」ヤハク遼風 【ビッグコミックオリジナル】 《読切》「ぜあ」雨瀬シオリ 《読切》「もろこしの夜」小田扉 《読切》「その女、ジルバ 特別編」有間しのぶ 【週刊ヤングマガジン】 《読切》「ハゲしいな! 桜井くん ハゲましておめでとう!」高倉あつこ 【ヤンマガweb】 《新連載》「マルジナルテイラ」limlim
【マンバ公式】🤖 AIによるマンガおすすめ機能【テスト運用中】
テンカイチ 日本最強武芸者決定戦』 2. 『ひとりぼっちで恋をしてみた』 3. 『亜童』 4. 『明日のエサ キミだから』 5. 『きらめきのがおか』 6. 『ピックアップ』 7. 『ウチキャバ ~お家でキャバクラして兄ちゃんを女の子になれさせよう大作戦~』 8. 『鬼の又鬼のアモ』 9. 『空来船打払令』 10. 『しもべえ』
テンカイチ 日本最強武芸者決定戦の感想やクチコミ、雑談などを楽しみましょう!
小太郎姐さんの人気凄いですよね。間違いなく「テンカイチ」で一番人気のキャラクターです。こんなに...
彼女はとてもクールなキャラクターであるだけでなく、とてもセクシーでもあります。
小太郎ちゃんは今の戦いをよりエキサイティングにしてくれるし、そのカリスマ性のレベルは素晴らしい。

おすすめのマンガ

忍者武芸帳(影丸伝)

忍者武芸帳(影丸伝)

戦乱の世に、運命にあらがい信念に生きる人間像を描く大河歴史コミック ▼第1話/脱獄▼第2話/仇討▼第3話/疾風剣▼第4話/無風道人(1)▼第5話/無風道人(2)▼第6話/無風道人(3)▼第7話/無風道人(4)▼第8話/秘太刀▼第9話/幻の使者▼第10話/通り魔▼第11話/雷雲党▼第12話/忍剣▼第13話/土一揆▼第14話/地摺り残月剣▼第15話/雷雲砦▼第16話/密偵▼第17話/天神戦法●登場人物/結城重太郎(伏影城元城主の一子。父の仇討ちをめざす)。影丸(謎の忍者。雷雲党を説得し城を攻めるよう導く。農民に人望が厚い)。無風道人(謎の僧侶。重太郎に剣の基本、吹毛剣を教える) ●あらすじ/永禄年間のこと。土牢に幽閉されていた子どもが助け出された。それは伏影城元城主、結城隼人光春の一子、重太郎だった。当時の家老坂上主膳の謀反により、城はのっとられ父は非業の死を遂げていた。牢を出た重太郎は、父の仇をうつため単身城に忍び込む。そこに待っていたのは、謎の忍者と主膳の影武者の死体だった(第1、2話)。▼城で会った忍者、影丸に助けられた重太郎は、追手から身を隠しつつ腕と心をみがくために、武者修行の旅に出る。一方主膳は、腕のたつ最上三剣士に重太郎を討つよう申しつける。その頃、重太郎は瀕死の落武者から「陰の流れ疾風の剣」を伝授されていた…(第3話)。▼仇討ちのために、重太郎は無風道人のもとから故郷へ戻っていた。影丸は、闘いで腕をなくし倒れた重太郎を助け、雷雲党の砦にかくまうが…(第15話)。●本巻の特徴/剣法とは精神論でなく、ただひとを殺すための方法だと語る無風道人。ウサギを殺すことなく毛だけを斬る、太刀先の見切りを教える。登場人物の異なる信念がぶつかりあい、重太郎は剣の腕をあげていく。●その他の登場キャラクター/坂上主膳(第2、12、13話)、最上三剣士(第3、5~7話)、林崎甚助(第3、16話)、上泉秀胤(第3話)、明美(第6、8、9話)、眼づけの熊(第6、7、16話)、雷雲党(第11、15、17話)、螢火(第12、14話)●その他のデータ/登場する忍術・剣術~陰の流れ疾風の剣(第3話)、金剛縛または合気遠当ての術(第8話)、吹毛剣(第8話)、地摺り斬月剣(第14話)、天神戦法(第17話) 解説~武光誠(明治学院大学助教授)

柳生連也武芸帖

柳生連也武芸帖

柳生厳包、後の連也斎は尾張徳川家の若君の兵法師範となるべく江戸へ向かう。新陰流宗家を継ぐ身として、それは厳しい試練始まりであった!至高の剣境を目指す男の、壮絶なる生涯――剣の道を究める柳生連也を、時代劇の鬼才が描ききる本格剣術劇画!!