あんめっとあるのうげかいのにっき
アンメット ーある脳外科医の日記ー 1巻
アンメット ーある脳外科医の日記ー 2巻
アンメット ーある脳外科医の日記ー 3巻
アンメット ーある脳外科医の日記ー 4巻
アンメット ーある脳外科医の日記ー 5巻
アンメット ーある脳外科医の日記ー 6巻
アンメット ーある脳外科医の日記ー 7巻
アンメット ーある脳外科医の日記ー 8巻
アンメット ーある脳外科医の日記ー 9巻
アンメット ーある脳外科医の日記ー 10巻
アンメット ーある脳外科医の日記ー 11巻
アンメット ーある脳外科医の日記ー 12巻
アンメット ーある脳外科医の日記ー 13巻
アンメット ーある脳外科医の日記ー 14巻
アンメット ーある脳外科医の日記ー 15巻
ストアに行く
本棚に追加
本棚から外す
読みたい
積読
読んでる
読んだ
フォローする
メモを登録
メモ(非公開)
保存する
お気に入り度を登録
また読みたい
Unmet Medical Need(満たされていない医療ニーズ) これをタイトルに掲げている通り、単に医療という大きなテーマに挑んでいるにとどまらず、いろいろな悩みや欠点を抱えた人間同士の相互のドラマが非常に面白い漫画です。 主人公の脳外科医は外科として優秀なだけでなく常に患者やその家族に寄り添うことによって救おうとする。しかし医療全体の最適化を図りたい経営者たちや、異なる信念を持った同僚たちとしばしば衝突する。また寄り添うべき患者も、患っているのはほかでもない「脳」である。いくら主人公たちが有能かつ真摯だとしても、彼らの苦しみを本当の意味では分かち合えない。数学における不完全性定理のように、医療とは、どこまでいってもアンメット(Unmet)なものである運命なのかもしれません。 医療漫画はどうしてどれもこれも面白いのか、とときどき考えます。膨大な取材や考証、高度な画力、これを社会に訴えかけたいという熱い思い……数え切れないほどに高いハードルが山積みであるため、世に出た医療漫画というのはすべからくハイクオリティでなければならない、という前提はあると思います。ですが読み手の目線から考えたとき、きっと医学とは人間なら誰しも無関係でいられないからなのかもしれないなとも思います。大半の人間は病院で死にますし、日本の制度では死亡確認ができる(=人の生死を判断する)のは医者だけです。病と死について真剣に向き合って本気で描かれたプロの漫画が、面白くないはずなどないのです。
mampuku
mampuku
『アンメット』のクチコミ投稿
クチコミで好きなマンガを広めよう!
話題の種類
「マンガのクチコミってどうやって書けばいいの?」という方へ!選んだ話題の種類に応じて書き方のヒントになる例文を表示します。
クチコミのヒントを表示する
タイトル
本文
アンメット
アンメット
大槻閑人
大槻閑人
子鹿ゆずる
子鹿ゆずる
あらすじ
脳疾患が招く麻痺、記憶障害、失語症――。脳外科医が診るのは、脳ではなく人生。元・脳外科医が書く超本格医療ドラマ!/日本における脳血管疾患の患者数はおよそ112万人。そして患者の多くが何らかの後遺症と闘っている。アメリカの病院から郊外の主幹病院にやってきた三瓶友治は空気を読まない。それは、少しの遅れが人生を左右する脳外科医ならではのふるまいでもあった。「脳内血腫」「第4脳室腫瘍」「失語症」の症例を収録。

Web掲載情報

アンメット
アンメットの情報の提供お待ちしてます!
掲載している内容の誤りや、この作品に関するおすすめの記事、公式情報のリンクなどはこちらからお送りください。みなさまのご協力をお願い申し上げます。
アンメット ーある脳外科医の日記ー 1巻
脳疾患が招く麻痺、記憶障害、失語症――。脳外科医が診るのは、脳ではなく人生。元・脳外科医が書く超本格医療ドラマ!/日本における脳血管疾患の患者数はおよそ112万人。そして患者の多くが何らかの後遺症と闘っている。アメリカの病院から郊外の主幹病院にやってきた三瓶友治は空気を読まない。それは、少しの遅れが人生を左右する脳外科医ならではのふるまいでもあった。「脳内血腫」「第4脳室腫瘍」「失語症」の症例を収録。
アンメット ーある脳外科医の日記ー 2巻
29歳、医師、記憶障害。失ったのは1日ごとの記憶、そして医師としての自分自身。元・脳外科医が書く超本格医療ドラマ!!/日本における脳血管疾患の患者数はおよそ112万人。患者の多くが、何らかの後遺症と闘っている。郊外の基幹病院の脳外科で働く川内ミヤビは、自らも記憶障害を抱える。アメリカ帰りの脳外科医・三瓶をはじめとした同僚に支えられながら、後遺症を持つ身だからこそできる方法で患者に寄り添う。そして明らかになる、ミヤビと三瓶の過去。「下垂体腫瘍」「左半側無視」の症例を収録。
アンメット ーある脳外科医の日記ー 3巻
『コウノドリ』の鈴ノ木ユウ氏、思わず嘆息!! 「『アンメット』は“面白い”脳外科医の漫画です。それを描くことがどれだけ楽しく、どれほど苦しいことなのか…。7年半“面白い”産婦人科医の漫画が描きたいと願い続けた僕には、この漫画の凄さがわかるんです。」 日本における脳血管疾患の患者数はおよそ112万人。そして患者の多くが何らかの後遺症と闘っている。三瓶は記憶障害を抱える同僚のミヤビに、かつて自分達が婚約していたことを告げる。記憶を失っているためにミヤビは戸惑い、治療のための検査にも前向きになれない。そして度重なる脳外科の緊急手術が、病院全体を巻き込む問題を引き起こしていく。「相貌失認」「転移性脳腫瘍」「通過症候群」の症例を収録。
アンメット ーある脳外科医の日記ー 4巻
記憶障害、小児がん、脳死ーーーー。次々とふりかかる患者の現実に、脳外科医はどう向き合う。日本における脳血管疾患の患者数はおよそ112万人。そして患者の多くが何らかの後遺症と闘っている。同僚であり、かつての婚約者でもあるミヤビの記憶障害を治療すべく、三瓶は再検査でミヤビの脳の損傷具合が重度の記憶障害に繋がるものではないことを知る。治療の可能性を見据え、ミヤビの診療記録の開示を求めるも、主治医である関東医大教授・大迫が立ちふさがるのだった。「通過症候群」「全脳機能不全」「松果体腫瘍」の症例を収録。『コウノドリ』の鈴ノ木ユウ氏、思わず嘆息!! 「『アンメット』は“面白い”脳外科医の漫画です。それを描くことがどれだけ楽しく、どれほど苦しいことなのか…。7年半“面白い”産婦人科医の漫画が描きたいと願い続けた僕には、この漫画の凄さがわかるんです。」
アンメット ーある脳外科医の日記ー 5巻
院内に潜むささいなミスが、患者の命をおびやかす。医療事故のメカニズム、その真因に迫る。/日本における脳血管疾患の患者数はおよそ112万人。そして患者の多くが何らかの後遺症と闘っている。記憶障害を少しずつ克服しながら、懸命に医療現場に立ち続ける川内ミヤビ。そんな彼女を厳しく指導する看護師長の津幡もまた、かつて起きた医療事故のトラウマを抱えていた。そして三瓶は、高度な技術が求められる血管吻合術にミヤビを指名する。「スイスチーズモデル」「一過性全健忘」「もやもや病」の症例を収録。
アンメット ーある脳外科医の日記ー 6巻
開示されないカルテ、消された検査結果、薬の予防投与―――。この記憶障害には、裏がある。/日本における脳血管疾患の患者数はおよそ112万人。そして患者の多くが何らかの後遺症と闘っている。術者を経験し、またひとつ医師として自信をつけた川内ミヤビ。一方、ミヤビが抗てんかん薬を服用していることを知った三瓶は、それを指示した主治医である大迫教授に疑念を抱く。関東医大の綾野に協力を仰ぎながら、記憶障害、そして失われた記憶に隠された真相を暴こうとするが―――。「抗てんかん薬」「側頭葉てんかん」の症例を収録。
アンメット ーある脳外科医の日記ー 7巻
脳ドックがもたらす未破裂脳動脈瘤のジレンマ。破裂率が低く、手術にリスクが伴う場合、あなたは手術を選びますか?/三瓶をはじめとした仲間の協力もあり、抗てんかん薬の増量で記憶力を回復させたミヤビ。しかし中途半端に“覚えている”ことでかえって混乱をきたしたミヤビは、次第に自信を失っていく。そして関東医大の綾野と共に行った手術が、新たな記憶を呼び起こす――。
アンメット ーある脳外科医の日記ー 8巻
『リエゾン ーこどものこころ診療所ー』のヨンチャン氏、共鳴!! 「ある日、突然『普通』ではなくなった人々を診る脳外科医。児童精神科医とは分野が違えど、患者のこれからを考える姿勢には共通する想いを感じます。」 日本における脳血管疾患の患者数はおよそ112万人。そして患者の多くが何らかの後遺症と闘っている。助手として参加した手術をきっかけに、かつて綾野に告白されたことを思い出した川内ミヤビ。二人で過去を辿り、さらなる記憶を取り戻そうとするが、そこに婚約者である三瓶が出くわして―――。一方、西島グループによる綾野病院の再編計画は、いよいよ大詰めを迎えていた。「スポーツ関連脳震盪」「神経膠芽腫(グリオブラストーマ)」「ラクナ梗塞」の症例を収録。
アンメット ーある脳外科医の日記ー 9巻
『リエゾン ーこどものこころ診療所ー』の竹村優作氏、黙考!! 「逃亡も先送りも許されない、生死の決断。当事者として、家族として、自分ならどうするかという問いが胸に迫ります。」 日本における脳血管疾患の患者数はおよそ112万人。そして患者の多くが何らかの後遺症と闘っている。丘陵セントラル病院に新たに加わった、言語聴覚士の五十嵐詩織。三瓶たちも一目置く敏腕さを前に落ち込むミヤビは、次第に自らも障害を抱えるからこそできる患者へのアプローチを見出していく。そして、丘陵セントラル病院の未来を左右する地域医療構想会議の開催が迫る―――。「ウェルニッケ失語」「びまん性軸索損傷」の症例を収録。
アンメット ーある脳外科医の日記ー 10巻
暴走トロッコの進路を切り替え、5人を救うために1人を犠牲にすべきか? 脳外科医が導く「トロッコ課題」の正解とは。そして迫られる、生命の選択。日本における脳血管疾患の患者数はおよそ112万人。そして患者の多くが何らかの後遺症と闘っている。西島グループによる綾野病院の買収計画が進む中、厚生労働省が主導する地域医療構想会議が開かれる。一方、事故で重傷を負った父・勲の代理を務める綾野は、過疎地医療の現実を目の当たりにしていく。錯綜する事情の中で、綾野が選び取る医療の形。そして三瓶が巻き込まれる、モラルジレンマ。「地域医療構想」「穿通外傷」のエピソードを収録。
アンメット ーある脳外科医の日記ー 11巻
No Man’s Land(ノー マンズ ランド):無人地帯。それは、医学的に人がメスを入れてはならない領域――。日本における脳血管疾患の患者数はおよそ112万人。そして患者の多くが何らかの後遺症と闘っている。新たに綾野を迎えた丘陵セントラル病院。記憶障害のミヤビは、綾野の妻となった麻衣の口から、国際学会で三瓶と出会っていた過去を知らされる。キャリアを捨ててまで自分を救おうとしていた三瓶。その思いに背中を押される形で、ミヤビは 関東医大の大迫に記憶障害にまつわるカルテの開示を要求する。そして明かされる、三瓶と大迫の道を分けた因縁――。「片頭痛」「脳動静脈奇形」「髄腔内投与」「No Man’s Land」のエピソードを収録。
アンメット ーある脳外科医の日記ー 12巻
昭和40年、高度経済成長期の日本。かつて知能に障害を持つ子供は、「精神薄弱」と呼ばれていた――。日本における脳血管疾患の患者数はおよそ112万人。そして患者の多くが何らかの後遺症と闘っている。関東医大から准教授のポストを用意された星前は、自身の理想の医療をめぐり、葛藤する。そしてそれは、西島会長が丘陵セントラル病院に仕掛ける策謀の、最初の一手に過ぎなかった。一方で会長の暴走を止めるべく動きだした大迫教授。脳外科医としての地位にこだわる彼が目にしてきたのは、昭和の時代の障害者対策が抱えていた問題、その痛みだった。「Talk and Die症候群」「ptsd」「重症児」のエピソードを収録。
アンメット ーある脳外科医の日記ー 13巻
過去に引き起こされた数々の交通事故――。後遺症のある脳疾患患者に自動車運転は許されるのか? 日本における脳血管疾患の患者数はおよそ112万人。その患者の多くがなんらかの後遺症と闘っている。大迫教授の証言もあり、辞任を余儀なくされた西島会長。丘陵セントラル病院ではミヤビが実績を認められる形で看護補助業務を卒業し、脳外科に専念することに。さらには脳外科を救急部から独立させ、新たに脳外科部長を定めようとしていた。そこに加わったのは作業療法士の今市太郎。以前から今市を知る言語聴覚士の五十嵐は、治療方針をめぐって次第に彼との対立を深めていく。「エンパワーメント」「運転再開」のエピソードを収録。※他作品の試し読みが巻末に収録されておりますが、本作の収録ボリュームや価格に影響はございません。
アンメット ーある脳外科医の日記ー 14巻
記憶障害を抱える脳外科医が、医者としての自身を取り戻す。日本における脳血管疾患の患者数はおよそ112万人。その患者の多くがなんらかの後遺症と闘っている。自分の意図とは無関係に手が動いてしまう患者は長い間、他人からの疑いの目にさらされてきた。時に無意識の認知バイアスが、人を追い詰めていく。そして存在しないはずの手足が痛む幻肢痛に苦しみ、生きる目的を失った男は、やっかいな同室の患者に悩まされる。一方でミヤビは脳外科医として 患者に寄り添う日々のなかで、婚約者である三瓶の頑なな態度に疑念を抱く。なぜ三瓶は執拗にミヤビを救おうとし、また、自分自身をないがしろにしてしまうのか。「エイリアンハンド」「幻肢痛」のエピソードを収録。
アンメット ーある脳外科医の日記ー 15巻
記憶障害を抱える脳外科医が、医者としての自身を取り戻す。日本における脳血管疾患の患者数はおよそ112万人。その患者の多くがなんらかの後遺症と闘っている。非正規滞在を余儀なくされた外国人は、日本の医療サービスを十分に受けることができない。三瓶らが目のあたりにするのは社会に潜む障壁と、支援されることによって生きる力を失っていく人達。ささいな不注意が重なって起こる交通事故もまた、積み上げきた人生を一変させる。失ったものを補うように患者会の活動に傾倒していく被害者。一方で加害者は、贖うことのできない罪に苛まれていく。そしてミヤビを襲う、わずかな変化―――。「脳膿瘍」「びまん性脳腫脹」のエピソードを収録。
👑勝手におすすめランキング【毎週火曜更新】
アンメット」大槻閑人/子鹿ゆずる https://manba.co.jp/topics/56145 🥉3位「離婚しない男」大竹玲二 https://manba.co.jp/topics/56147 4位「思春期ちゃんのしつけかた」中田ゆみ https://manba.co.jp/topics/56041 5位「モンキーターン」河合克敏 https://manba.co.jp/topics/56055 6位「残り一日で破滅フラグ全部へし折ります」天城望/福留しゅん https://manba.co.jp/topics/56122 7位「J⇔M ジェイエム」大武政夫 https://manba.co.jp/topics/56110 8位「マイペースと歩く」三本阪奈 https://manba.co.jp/topics/56112 9位「しーちゃんの青春ごはん」たかなししずえ https://manba.co.jp/topics/56153 10位「ニッターズハイ!」猫田ゆかり https://manba.co.jp/topics/56130 *『勝手におすすめ』は最近投稿されたクチコミの中から、マンバが毎週火曜日に勝手に作成しているランキングです。 https://manba.co.jp/manba_recommends/1059
【過去ログ】きょうの新連載&読切まとめ
アンメット-ある脳外科医の日記-」大槻閑人/子鹿ゆずる 《読切》「『JJM 女子柔道部物語』宣伝マンガ」小林まこと/恵本裕子 【ビッグコミック】 《読切》「白×墨」細野不二彦 《読切》「代理人マスク」かくたすず 【週刊ヤングジャンプ】 《読切》「あなたへの日記」青春ノ敗北 《読切》「エースキラー」薗田亮介 ◇◇◇2020年12月9日(水)◇◇◇ 【週刊少年マガジン】 《新連載》「恋か魔法かわからない!」内山敦司 《読切》「波打際のむろみさん 地元版」名島啓二 【別冊少年マガジン】 《新連載》「杖と剣のウィストリア」大森藤ノ/青井聖 ◇◇◇2020年12月8日(火)◇◇◇ 【イブニング】 《新連載》「没イチ」きらたかし/小谷みどり 《読切》「天才料理人 中島の憂鬱」高島正嗣 【FEEL YOUNG】 《読切》「キャット・ラブ・クラブ」青化 ◇◇◇2020年12月7日(日)◇◇◇ 【週刊ヤングマガジン】 《読切》「機龍警察」イナベカズ/月村了衛/フクダイクミ 【週刊少年ジャンプ】 《読切》「約束のネバーランド 特別番外編 自由の空を求めて」白井カイウ/出水ぽすか 【good!アフタヌーン】 《読切》「だから、いっしょに帰ろう」凪松ひろ 《読切》「谷の向こうの吉沢」中野美八 ◇◇◇2020年12月4日(金)◇◇◇ 【ジャンプSQ.】 《読切》「木こりと迷いの森」尾高健太郎 《読切》「ソーマキルの予告」古屋兎丸 《読切》「伝説の出前ロードチャンピオンシップ」三原すばる/平井善之 【月刊少年マガジン】 《読切》「七つ星の悪魔」日高達哉 【ミステリーボニータ】 《読切》「カラオケ24」西荻亨 【月刊少年チャンピオン】 《読切》「青く輝け」植木陽介 《読切》「蝉丸忍法帖」畠山和隆 【週刊漫画TIMES】 《読切》「黒猫」郷本 【漫画ゴラク】 《新連載》「アウトロー日本昔話」島崎康行 ◇◇◇2020年12月3日(木)◇◇◇ 【週刊少年チャンピオン】 《短期集中連載》「ハートビートシャウト」菊地祥代 【週刊ヤングジャンプ】 《読切》「身代わり献上飯」岩井トーキ 《読切》「恋する空中魚」南文夏 《読切》「リリィガ様とお呼び!~新人女幹部研修中~」藤田阿登 ◇◇◇2020年12月2日(水)◇◇◇ 【グランドジャンプ】 《読切》「#DRCL midnight children」坂本眞一 【週刊少年マガジン】 《読切》「甘神さんちの縁結び」内藤マーシー ◇◇◇2020年12月1日(火)◇◇◇ 【漫画アクション】 《読切》「愛しのアニマリア 特別編」岡田卓也 【なかよし】 《新連載》「SHAMAN KING & a garden」武井宏之/ジェット草村/鵺澤京
今週の週刊モーニング
※ネタバレを含むコメントです
アンメット 坊主編には違和感 ボールパーク ふつう 警視庁草紙 じっくり読めば面白い この会社に好きな人 もういいかも ワールドイズダンシング ふつう モガリ ふつう 惑わない星 わからん 猫奥 好き クッパパ ふつう 楽屋のトナくん ふつう 休み インビンシブル、ダーウィンクラブ、ツイステッド姉妹、OL進化論
医者・医療系マンガは数多くあれど、実はちょろっと読んだだけのものが多くてちゃんと続けて読んでい...
脳の特定の場所がダメージ受けると言葉や行動が思うようにいかなくなるってのはこの漫画で散々やって...
まさかジムの設備がゲストパスだと使えないっていうのが伏線になってたとは

就労も生活保護も...
みんな平均より運転上手いと思ってんの!?すげえな(運転苦手マン)
メストアップ

メストアップ

本誌初登場の俊英が描く衝撃作!!仕事もない、やる気もない、そんな、「ないない尽くし」の映画監督大須賀が直面する災厄の刻…!!3号集中、怒涛のサスペンス!!(週刊漫画ゴラク2021年No.2745より3号集中連載)
試し読み
アイターン

アイターン

原作小説・ドラマも大ヒットの”サラリーマンピカレスク”コミック! 中堅広告会社の冴えないアラフォー社員・狛江に宣告されたのは、リストラありきの左遷!! 新天地九州で狛江を待っていたのは仰天のサラリーマンとヤクザの二重生活だった!!