icon_reread
また読みたい
フォロー
神州纐纈城(一)
戦国時代の名将・武田信玄に仕える土屋庄三郎の家系は、何代にもわたり惨劇がつきまとっていた。庄三郎の父・庄八郎も、乱心の末、母と伯父と共に失踪。そして庄三郎自身も、毎夜悪夢にうなされていた。ある夜、深紅の布を売る男から「あなたが救われる道は纐纈城にしかない」と告げられる。庄三郎は国抜けをし、信玄は鳥刺の高坂甚太郎らを追っ手として差し向けるのだが……。陰惨怪奇にして神秘的色彩の濃い国枝史郎の『神州纐纈城』を鬼才・石川賢が渾身の筆致でコミカライズした第1弾!!
神州纐纈城(二)
一度入ったら二度と生きて出ることのできない纐纈城。纐纈城は仮面の悪魔と呼ばれる城主とともにあった。国抜けした土屋庄三郎を追って、纐纈城に入った高坂甚太郎だったが、番人たちに足止めをくらい、庄三郎を探し出すことができない。そんな折、纐纈城・城主の発作が始まり、城内は阿鼻叫喚の地獄へと変わり始める……。
神州纐纈城(三)
蜂須賀小六にたきつけられ、纐纈城攻めをはじめた織田信長。その目的は纐纈城の兵力を手に入れ、天下を取ることにあった。先鋒隊の半数を失いながらも、決して進軍の手を緩めることはない。一方、光明優婆塞(こうみょうようばそく)と対峙し、気力を削がれた三合目陶器師(すえものし)は、北条の間者・薪兵衛から自分のもとを去った妻・園女と妻とともに逃避行に出た伴源之丞の行方を知らされる。纐纈城を中心に因果の糸が絡み合う。
神州纐纈城(四)
ついに纐纈城に入城した土屋庄三郎。血の記憶が甦り、纐纈城が何であるのかを知る。三合目陶器師は己の過去と対峙するべく、園女と伴源之丞もとへと急ぐ。そして纐纈城から命からがら生還した高坂甚太郎は、決着をつけるべく再び纐纈城に向かう。「死の恐怖……苦痛こそが生きている唯一の証拠」「血の記憶をたどれ……血の記憶をたやすな」「それがとだえれば人間は魂は……永劫に……救われまい」「死の恐怖におびえ苦痛にのたうつことがあってこそ」「人間は はじめて……自分が地獄の住人であったことを……」「知る」──石川賢が再構築した『神州纐纈城』ここに完結!!