icon_reread
また読みたい
フォロー
極道兵器(1)
南米の紛争地帯で、敵を倒すことに無上の喜びを噛み締める傭兵がいた。マッド・ドッグ(狂犬)と恐れられる岩鬼将造(いわき・しょうぞう)曹長は、戦いのなかで、岩鬼組組長である父親がデス・ドロップ・マフィアという組織によって暗殺されたことを知らされる。しかも、直接手を下したのは岩鬼組の裏切り者組員・倉脇重介(くらわき・じゅうすけ)であることも……。帰国した将造は、戦場土産の兵器を片手に倉脇の元へ、落とし前をつけに向かう。石川賢の代表作として名高い、超ド級バイオレンス・アクションがついに登場!!
極道兵器(2)
倉脇重介(くらわき・じゅうすけ)から、激闘の末、許嫁の山鬼なよこを救い出した岩鬼将造(いわき・しょうぞう)だったが、直後にデス・ドロップ・マフィアの武装軍団に襲われる。半死半生となった将造は、内閣特務捜査官・赤尾虎彦により身体を改造され、機関銃やミサイルを内蔵した極道兵器として生まれ変わる。赤尾の指示で、将造は海座隆(かいざ・たかし)と接触。そして恐るべきことに、人体改造を施された海座の身体には脅威的な戦力が備えられていることを知る。将造対海座の熾烈な戦いの火ぶたが切って落とされた!!
極道兵器(3)
西日本の親分衆の集まりである西日本連合の集会に、山鬼なよこを伴って現れた岩鬼将造(いわき・しょうぞう)は、岩鬼組が中心となって極道連合を立ち上げることを宣言する。しかし、突如、潜水艦からの砲撃を受け、会場は修羅場と化す。攻撃を指令したのは、将造への復讐と世界制覇を目論んで甦った倉脇重介(くらわき・じゅうすけ)だった。将造と倉脇の抗争は、宇宙にまで広がっていくが……。衝撃の最終巻を刮目せよ!!