あらすじ

アシュラには仲間ができ、そして父親と出会った。だがアシュラは、厳しく残酷な現実に「生まれてこないほうがよかった」と叫ぶ。獣のように生き、冷血無比な所業は続く。飢饉のときは親も子もない。食べ物をめぐり親子で争い、親に捨てられる子も多い。この世に生きることがまるで地獄のようだ。ジョージ秋山が渾身の力を込めた傑作!