icon_reread
また読みたい
フォロー
シュトヘル 1巻
見知らぬ時代、見知らぬ国の戦場。その凄惨な光景を毎夜、夢に見る高校生の須藤。ある日、楽器の工場である彼の家に、転校生の鈴木さんが訪ねてくる。彼女がその場で馬頭琴を奏で“シュトヘル”と唱えた途端、須藤は時空を越え、夢で見た国の女戦士に姿を変えていた。そして目の前には、鈴木さんに瓜二つの少年が。その少年は須藤に“シュトヘル”と呼びかけ…。
シュトヘル 2巻
蒙古に属するツォグ族の皇子・ユルールは、敵国であり亡き義母の出身国である西夏の文字に魅せられ、その義母が残した“玉音同”と呼ばれる文字盤を手に一族を捨てる覚悟を決める。そして、西夏を憎み全てを焼き尽くす蒙古から文字を守るため、文化を書き継ぐ習わしのある宋国の町・成都を目指す道中だったのだ。事の成り行きは須藤(=シュトヘル)には関係なく思えたが…。
シュトヘル(3)
蒙古軍による西夏国侵攻が続く13世紀。味方の裏切りにより瀕死となったユルールを救うため、決死の覚悟で蒙古の砦へ向かうシュトヘル。そこで、出奔した弟・ユルールを追跡中のハラバルに遭遇する。彼こそ、シュトヘルが仇として憎しみ続ける「虎の男」なのだが…!?
シュトヘル(4)
蒙古軍の侵攻にさらされていた西夏国。その西夏の女戦士・シュトヘルの肉体に転生した高校生・須藤は、西夏の至宝・玉音同を守るため、蒙古支配下からの脱出を計る。一方、玉音同を追う蒙古軍内では、謎の尼僧・ヴェロニカがある陰謀を企てていた…
シュトヘル(5)
金国を抜け南宋へ…蒙古支配圏からの脱出を計る須藤とユルール。しかし悪霊の能力を制御できない須藤は蒙古軍の急襲によりユルールと離れ離れに。二人に再会の時は訪れるのか…!?
シュトヘル(6)
西夏の文字盤・玉音同を抱え蒙古支配圏から金国に逃れたユルールと須藤。しかし蒙古の追撃はやまず国境を越え追っ手が迫る。さらに金の将軍ジルグスは玉音同を対蒙古外交戦の切り札と位置づけ、その奪取に動き始めるーー!!
シュトヘル(7)
西夏の文字盤「玉音同」をめぐり衝突する金国軍と蒙古軍。激戦の最中、ついにハラバルの前に現れる「悪霊」。互いに復讐の闇に堕ちた者同士、死闘の先に待つ運命は・・・!?
シュトヘル(8)
ついにユルールのもとに帰還したシュトヘル。復讐心から解き放たれ、ユルールと共に西夏の文字盤・玉音同を守る闘いにその身を捧げようとする。しかし、南宋へ向かう国境が封鎖され、一行は金国の都市・京兆府へ。一方、蒙古の皇子・ナランはある狙いを持ってユルールと玉音同を追い始めていた……!!
シュトヘル(9)
西夏侵攻により勢いをつけた蒙古軍は隣国・金国への攻勢を強め、金軍首府防衛の要・居庸関に集結し始めていた。蒙古の皇子・ナランによって玉音同の半分と共に攫われたユルール。シュトヘルは「人送り屋」の助けを借り蒙金両軍の決戦の地・居庸関を目指そうとするが………!?
シュトヘル(10)
金国の首都防衛の要・居庸関へ、最新の武器をもって侵攻を始める蒙古軍。戦いの火ぶたが切られた戦場の片隅に、蒙古にすべてを奪われた英雄・虎のハラバルが出現、かつて敵同士であったシュトヘルと出会うが、ともに大ハンの首を狙うことで、ある種の結託をする。父親殺しを図る蒙古の王子・ナラン。ユルールはナランから大ハンの背中にもつ瑕、西夏文字の秘密を聞くも、文字のもつ未来、可能性を伝えるために、あえて大ハンに対峙することを決意するが……