【お知らせ】
自由広場には「自由広場に投稿されたトピック」が、クチコミトップには「作品・雑誌に投稿されたクチコミ」がそれぞれ表示されるようになりました。
K2 1巻
かつて日本に不世出の天才と呼ばれた医師がいた。野獣の肉体に天才の頭脳。そして神業のメスを持つ男。だが、ある日をもって彼は忽然と姿を消した。男の名は「K」。全ては伝説となっていた。――富永研太は、西海大学から村の診療所に派遣された新米医師。無医村状態を救うため自ら志願して来たが、村人たちの態度は冷たく……!?Kの系譜は続いていた!長き沈黙を破り、神の業がここに復活!!医学漫画の金字塔!!
K2 2巻
表社会で、神業をふるうことを決意した「K」。一族の掟という制約から解き放たれ、ついにその真価が発揮される。――病に苦しむ人々を救おうと精力的に治療を施すKは、ある日、先代「K」が治療を施していた患者と出会う。彼は先代「K」から、ある物を託されていた。それは「K」の刻印とナンバーを彫られた見事なメス!元は10本あったというこのメスは今、散り散りに……。先代「K」がメスに託した意味とは!?
K2 3巻
日本の消化器外科の第一人者である大学病院教授の悩みとは……?若手助手の育成を見届けるため、ほかならぬ教授自身のオペをフォローすることになったK。果たして切なる願いは届くのか!?また、生体肝移植の裏のドラマとは?伝統や名誉、それらは患者の命に優先されるものなのか!?裏社会を渡り歩く闇の医師ドクターTETSUも登場!!尽きることのない現代日本の医療問題に挑むKの戦いを描く、珠玉の7編を収録!
K2(4)
世界的な医学の権威となり、凱旋帰国した男・氷室俊介。彼はKのかつての親友だった。が、故郷の村を訪れた氷室は、表社会で活躍するKの姿に愕然とし、村の掟破りだと非難する。ついに明らかになり始めるKの過去!!そして、医の陰陽を合わせ持つ「Kの一族」ならではの高度なクローン技術が、世界のどこかで倫理を追い越す進化を遂げていた?臓器畑としての「クローン人間」をめぐる正邪の攻防が、今、始まる――!
K2(5)
先代「K」の刻印入りメスがまたひとつ発見された。これまで回収されたのは3本。しかし他のものと違い、今度は刃のないメスだった……!?そして、Kの診療所で育つ少年・黒須一也には大きな出生の秘密があった。先代「K」、KAZUYAのクローンとして誕生した彼は、現在この世に存在する唯一のクローン人間だったのだ!完全なクローニング技術の生きるサンプルとして、臓器密売組織の摩手が一也に伸びる!?
K2(6)
人類初のパーフェクト・クローンである黒須一也。先代Kである西城KAZUYAのクローン人間で、11歳の少年。クローン臓器の開発を進める組織に存在を知られ、つけ狙われることになってしまう。その為、出生の秘密を何も知らない一也は、訳もわからないままKの村に匿われることに。閉鎖性が高く、安全な村のはずだったが、Kが村を留守にした時を狙ったのかのように、組織が放ったのは特別な男だった……!?
K2(7)
Kの村で医者としての腕を磨く富永。大学病院では経験できない貴重な勉強を日々させてもらっている。そんな折、実家で大きな個人病院を経営する父が倒れたとの一報が富永に届く。病名は脳腫瘍。無理に手術すれば手足に重大な後遺症が残る可能性がある部位の為、病院長である父は手術を拒否していた。Kの元を去って病院を継ぐ覚悟の上で、手術に臨もうとする富永に、Kは「覚醒下手術を行う。執刀はおまえだ」と告げ……!?
K2(8)
人間の脇腹に一対ある腎臓の血液をろ過する機能が正常の30%以下に落ちた状態を腎不全という。体内の老廃物を十分に排泄出来なくなる為に人工透析が必要。Kが偶然助けた寿司屋の親方は、人工透析で病院に向かう途中だった。助けた御礼と寿司屋に招待されたKだったが、店内で一人の客が倒れてしまう。救急車で共に病院に向かうKだったが、客の心臓の状態は重篤だった。そして、検査の過程で腎臓を3つ持つことが分かり……!?
K2(9)
違法クローン組織と決別した相馬。医療の本分に立ち返った男は、一也に移植医療の未来を託す。果てなき医療への想いを受けた一也は、医者になる覚悟を決める。ただ心底、人間を救いたいと願う医者に……。だが、小学生という年代特有の無邪気さや明るさを感じさせない一也を心配する母親。彼女の声掛けで、級友とサッカーをすることになった一也。だが、サッカーの名門中学への進学が決まった仲間の足の異変に気付き……!?
K2(10)
Kの村を訪れた都会育ちの少年は体が弱く、母は日頃から抗生物質を飲ませていた。昆虫採集の最中、一也と出会い意気投合した彼は虫捕りを楽しむ。だが翌日、一也が少年を訪ねると、発熱して街の病院へ行ったという。数日後、足は膿で大きく腫れ、最悪で切断もあり得るとの事態に…!抗生物質も効かない少年を前に、Kは「投薬を中止し、代わりにマゴットを使う」と指示。マゴットとは傷の患部のみを食べる治療用のウジだった!?