icon_reread
また読みたい
フォロー
少女ファイト(1)
「あの日から、友達は作らないって決めたんだから」大石練(おおいしねり)・15歳。バレーボールの名門・白雲山(はくうんざん)学園中等部に在籍。練はずっと自分を抑え続けていた。小学校時代に全国大会で準優勝したチームのキャプテンであったほどの実力を隠しながら。集団スポーツの中で、自分を殺さなければいけない理由は――。それでもバレーを辞められない想いとは――!!バレーボール群像劇スタート!
少女ファイト(2)
「打ちたい。私も、あんなふうに。圧倒的に――。」黒曜谷(こくようだに)高校に入学した練(ねり)。会ったのは、一癖も二癖もありそうな面々ばかり。個性際立つ新入生。そして「魔女」と評される先輩たち。まずは、新入部員恒例と言われる儀式を受けることになるが、そこで練は血が沸き立つような感情を覚える。死んだ姉が過ごした高校で、練は新しい扉を開く――!!黒曜谷高校編スタート!
少女ファイト(3)
「どうにもならない他人の気持ちはあきらめて、どうにかなる自分の気持ちだけ変えませんか」3対3で行われた新入生の練習試合も終わり不安を抱えながらも黒曜谷バレー部は動き出す。しかし、いきなりトラブル勃発!ナオが練習に来なくなってしまった。練はナオがいるという賭けバレー会場に潜入を試みるが、そこには思いがけない人物との再会があった――!!
少女ファイト(4)
賭けバレーが終わり、部員に課せられたのは「インターハイ辞退」と「1ヵ月の停学」。この処罰は、春高バレーで確実に結果を残さなくてはいけないことを意味する。同時に新たなコーチも登場。名前は由良木政子。Vリーグの現役選手でもあり、練の姉・真理のチームメイトでもあった。彼女の指導のもと、停学期間を利用した地獄の合宿が始まった─―。
少女ファイト(5)
「私……もっとちゃんとみんなのこと知りたい」自分はバレーが好きでいいと、ようやく認めることができた練。けれど、それですべて上手くいくわけじゃないのが人間関係。打ちとけようとする努力、変わろうとする想い。大阪で行われる準公式戦に参加することは練に、黒曜谷に、何をもたらすのか……。……その前に期末試験をクリアしないと試合に出られない!?
少女ファイト(6)
「好きな人を好きな自分は大好きだね」恋もバレーも友情も全力で!ついにルミコの想い人が登場!!「少しだけ勇気を出して甘えてあげて下さい」大阪遠征が終わり、東京へ帰ってきた練たち黒曜谷バレー部。練習や部での肝試し……全てが平和な日常。学とミチルも普段の生活を送っていた。しかしミチルが、学の付き添いで学の父が勤める病院に行った日から、その平穏は崩れ去る。シゲルの身におきた異変を知ったその日から――。
少女ファイト(7)
「私は私の最善を尽くします」1年前は信念ゆえの部員不足から試合もままならなかった黒曜谷(こくようだに)高校女子バレー部。それも今は昔。練(ねり)をはじめ相性が抜群にあったメンバーが揃い、ついに秋の大会に臨めるまでにいたった。目指すは春高。だが、大会直前にかつて練が在籍していた白雲山(はくうんざん)高校が、黒曜谷高校理事長に接触を図ってきた。目的は練の獲得。即座には断れないある条件を突きつけて……。
少女ファイト(8)
冬季大会予選――。順調に勝ち進めば、練(ねり)のいる黒曜谷(こくようだに)高校女子バレー部が強豪・朱雀(すざく)と対戦するのは必至。「朱雀には絶対に勝ちたい」主将の鏡子(きょうこ)は、強い気持ちで試合に臨む。それは、勝利への渇望ではなく復讐。鏡子の親友サラを、幼少の頃暴力で苦しめたサラの父――朱雀監督・槌家(つちや)への憎悪。優しさ故の鏡子の気持ちにサラはどう応えていいのか心が惑う。
少女ファイト(9)
春高への出場をかけた冬季大会。勝つために下された布陣が、学と志乃に大きな選択を迫る――。そして学はその道の過酷さを知り、修羅になることを誓った。一方、青磁学園の雨宮摩耶の不穏な動きに気づいた唯隆子は警告のため学のもとを訪れる。隆子の助言から、雨宮の練への異常な執着を感じ取った学は、練のために宣戦布告をする。
少女ファイト(10)
春高に出場するための最後の関門・地方大会が目前に迫る黒曜谷高校。監督・笛子は、チームが負けたらライバル校の監督・別所からの求婚を受ける約束をしていた。真実を確かめるべく、練は理事長のもとへ。そこで練は、笛子が自分の命を懸けて春高優勝を成し遂げたことを知らされる。シゲルはこの時期になぜ伝えたのかと抗議するが、理事長は試練が多いほど練は輝く、と期待してた……。