RAINBOW 二舎六房の七人 1巻
昭和30年7月。水上真理雄をはじめ、凶悪犯とされる6人の少年たちが、湘南特別少年院に送られてきた。教官から虫ケラのように扱われ、屈辱的な身体検査を受けた後、彼らは二舎六房という部屋に入れられる。そこには桜木六郎太という年長者がいて…。俺たちは生き残る。いつか必ず外(シャバ)に出る!昭和30年、湘南特別少年院の二舎六房に入れられた7人の少年たちを描く、壮絶な時代の青春群像!!
RAINBOW 二舎六房の七人 2巻
二舎が炎に包まれた。房に取り残されたままの5人を救おうと、桜木は炎の中を駆けつけるが、扉には鍵がかかっていた。必死でドアを破ろうとする桜木だが、天井が崩れてきて瓦礫の下敷きになってしまう。一方、タバコで出火の原因を作り、二舎六房のうちただ1人難を逃れていた野本もまた、房のドアの鍵を石原から奪って必死に走る。初めて出会った仲間を助けるために…。
RAINBOW 二舎六房の七人  3巻
桜木をかばったため、石原の命を受けた一舎八房の者たちにヤキを入れられたマリオは病棟に送られていた。二舎六房の仲間のもとに戻ってきた桜木から、そのことを知らされたヘイタイたちは、改めて石原の汚いやり方に憤りを感じる。一方、その石原たちは、出所までの間に桜木の命を奪おうと策を練っていた。このことを知ってしまった看守の熊谷は…。
RAINBOW 二舎六房の七人 4巻
桜木の命を救うために実行されたマリオたちの脱獄計画。仲間たちの捨て身のフォローにより特少の門を突破するまで進むが、そこで看守の石原に見つかってしまう。凶器のハサミを手に襲い掛かる石原に、桜木は最後の力を振り絞り抵抗し、遂に自由への道を歩き始める。そして、脱獄計画の成功により、塀の中と外に別れ別れになってしまった二舎六房のメンバーは…。
RAINBOW 二舎六房の七人 5巻
脱獄後、ファイトマネーを稼ぐため、米軍キャンプ内でのボクシングトーナメントに出場することになったマリオ。初戦はボロボロに敗れたが、桜木からアドバイスを受け、特訓を重ねて再度米兵に挑む。一方、スッポンは日銭稼ぎのため米兵から入手した洋モクを街で売りさばいていたが、いきなり警官に囲まれ連行されてしまう。スッポンの捕捉を促すタレコミをしたのは…。
RAINBOW 二舎六房の七人(6)
昭和32年8月。特少を出たマリオたち6人は一緒に生活しながら、佐々木と石原への復讐の機会を狙っていた。他の5人が食いぶちを稼ぐなか、独り「絵図」を描き続けてきたバレモトは、佐々木が出馬した市長選挙の演説会を攻撃目標にすると宣言。そして、マリオだけをこの計画から外し、静岡県沼津にいることが分かった石原とサシで決着をつけるよう勧める…。
RAINBOW 二舎六房の七人(7)
逮捕されたマリオの拘留期間はあと11日。少年審判ではなく刑事事件として裁かれるため、検事の起訴をなんとか阻止しなければ刑務所行きは確実である。とはいえ、すでに接見禁止の命令まで下されたマリオを救出することは難しく、早川の店で作戦を練るスッポンたち4人は頭を抱えていた。するとそこに、「マリオ放免までの道」と題された作戦書を書き上げたバレモトが現れて…。
RAINBOW 二舎六房の七人(8)
二舎六房の仲間が久々に集まった酒の席。だが、そこにはジョーの姿はなく、彼から直接「俺のことはほっといてくれ」と言われたスッポンは怒りを顕わにする。他方、山内から「スターになるためには少年院の連中と縁を切りなさい」と言われたジョーも苦しんでいた。それを察したマリオは、後日ひとりでジョーのもとを訪れる。
RAINBOW 二舎六房の七人(9)
日比谷公園の街頭テレビ。そこにはプロレスラーとしてリングに上がるキャベツの姿が映し出されていた。3週間前、自分の組へ殴り込みに来たヤクザを、持ち前の怪力で一蹴したキャベツだが、重症を負った兄貴分のために救急車を呼んでしまう。当然それは警察も招くことになり、事務所中をガサ入れされたことに怒った組長は、大ドジを踏んだキャベツを斬り捨てようと…。
RAINBOW 二舎六房の七人(10)
懇意にしていた駐留軍将校に騙されていたことを知り、まさに茫然自失のリリィ。住む場所を失っただけでなく、隠していた金まで持ち逃げされてしまい、やむをえず巡業に出て留守になるキャベツの部屋へ移り住むことに。そんな彼女の姿を見たスッポンは、「リリィの暮らしが立つように俺がなんとかする」と心に決めて…。
また読みたい
フォロー