あらすじ

おべんとうの中身を悩んだ分だけ、久留里との家族の距離が縮まるのを実感していた温巳。だが、そんな温巳を動揺させる、久留里の父親の存在・温巳の留学話が急浮上。伝えたいのに伝えきれない家族への言葉や思いは、どこへ駆けてゆくのだろう。