歯を銃弾にする話

一番下のコメントへ

初めまして、とても幼い時に読んだ漫画がもう一度読みたくて書き込みます。
たしか推理漫画だったと思います。一人の男性が銃で撃たれて殺されてしまうんですけど、体内のどこにも弾がなくて、犯人の目星もつけられない中、1人の男の人が、歯を銃弾として使ったことを突き止め、見事犯人を逮捕できたというお話です。
兄の部屋に置いてあった漫画だったんですけど、題名が思い出せないです、、
心当たりのある方、教えてくれると嬉しいです!
よろしくお願いします。

とても印象的な作品ですね。読んだ時期などわかる範囲で詳しく書くと見つかりやすくなると思うので書いてみてください。

【読んだ時期・連載時期】YYYY〜YYYY年頃
【読んだ媒体】単行本・文庫・雑誌
【カテゴリ】少年・少女・青年・女性・BL・TL・その他
【著者名の印象】(例: 「外国人のようなカタカナの名前」)
【作品名の印象】(例: 「漢字が多い」「〇〇の✕✕」のようなタイトル)
【絵柄】(例: 「鬼滅の刃鬼滅に似てる」など)

ちなみにですが、お兄さんが他に読んでいた作品って覚えてますか?(読書の系統から分かるかもしれません)

【読んだ時期・連載時期】2009~2015年頃(小学生の
            ときです)
【読んだ媒体】単行本
【カテゴリ】推理漫画(少し話が難しかった気がします…)
【著者名の印象】思い出せないです…
【作品名の印象】全く思い出せないです、ごめんなさい
終わりのセラフ終わりのセラフも置いてありました!
小学生ぐらいに読んだと思うんですけど、その時に読めたのでふりがなが打ってあったんだと思います
あんまり覚えてなくてごめんなさい…

超推脳 KEI~摩訶不思議事件ファイル~超推脳 KEI~摩訶不思議事件ファイル~』かも。
2巻のあらすじに「姿なき弾丸」を追うエピソードがある。

これです!!!
ありがとうございます!!!

なかなかトンデモな推理漫画っぽくて興味惹かれました。自分も読んでみます!

コメントする