【お知らせ】
自由広場には「自由広場に投稿されたトピック」が、クチコミトップには「作品・雑誌に投稿されたクチコミ」がそれぞれ表示されるようになりました。

母。私の半分を構成するもの。
母。私の半分が愛したもの。

いつからか母親に恋している女子高生。彼女はずっと「半分」に引き裂かれて苦しんでいる。

肉親への親愛と、どうしようもない恋情。甘えたさと性欲。肉親への恋は私には経験が無いが、彼女の苦しみには、理解できる部分がある。それは、自分の愛が相手を苦しめる事への葛藤。

娘の恋心に、母が応えることは出来ない"はず"だから。

好きでいてはいけない人を、好きでいる事の苦しみは、破局と隣り合わせの切なさ。目の前の人が、振り向いてくれる可能性はほぼゼロ。恋を口に出せば、その時が終わりかもしれない。

しかし、私にかろうじて期待を持たせるのは、母親と娘のモノローグが重なる所。

娘を想う気持ちは強い母。娘離れはできていない様子。そして過去に「女性と」何かあった事が示唆されると、母親の百合物語としても、娘の感情の根拠としても(娘曰く「私の母は毎朝性的」らしいので)何が提示されるのだろうと、先にかすかな希望が見える気がする。

愛し私の半分 #1巻応援(百合の日2022記念⑦)にコメントする
user_private
『1×1/2-イチトニブンノイチ-』の話をしよう!
📝感想を書く❓質問する☕雑談する
クチコミ総合へ

参加中のキャンペーン