元々作家さんのファンだったこともあり、約4年前に本屋大賞受賞と同時に読んだ本作。

久しぶりに読んだこのコミカライズも、当時の思い出がよみがえり、とても丁寧かつキレイに表現されて大満足でした。

内容は、何らかの理由で不登校になった中学生7人が、部屋の鏡から通じる異世界のような謎のお城で出会い、あるゲームをするという流れ。
そのゲームとは、城の中にある「開かずの部屋」があって、その鍵をみつけるというもの。
しかも、鍵をみつけた人は何でも願いがかなうという。

城にいる狼姿の少女に招かれ、7人の冒険が始まる・・・と思っていましたが、「冒険」というか「人間模様」を描いた感じが本作のポイント。

上述のとおり、皆なんらかの理由で学校にいけず、城内でも似たような境遇から、時にこじれたり、時に支えあったり、ファンタジー要素がありながら、どちらかというと思春期の苦労を描いたヒューマンドラマの要素が強くて、ここが面白かったんですよね。

特に、いじめなどを苦に学校に行けなくなってしまった人が、城の中でできた人間関係(友人)を、自信や勇気に変えて、再出発する姿はグッときました。

また、ミステリー的な仕掛けも色々あって、例えば
7人同じ中学に通っていながら現実で出会うことができない
とか
全員不登校だと思ったら実は1人、別に不登校ではない人がいた
とか
これらの、秘密が徐々に明らかになっていくストーリー展開は純粋に面白いです。

ネタバレされれば、すごくシンプルな展開なんですけど、
キャラクターがすごく魅力的だったからか、すんなり感情移入できてあっというまに読めてしまいます。

『この話が誰かの「城」のような居場所になればいい』

第6回ブクログ大賞[2018]は、2017年5月1日~2018年4月30日の期間に国内で発売された小説作品からノミネート作品を選出し、読者の投票によって決定しました。


という思いで、書いた本作ですが、
学校を行くことに悩んでいる人、またはその親はもちろんですが、それだけでなく人間関係に全般に不安を抱えている人に、希望を与えてくれる内容だと思います。

余談ですが、コミカライズの風花の設定が、現代風に変えたんでしょうかね。ここらへんが原作と少し違うかもです。

原作ファンでしたが良かったにコメントする
『かがみの孤城』の話をしよう!
📝感想を書く❓質問する☕雑談する
クチコミ総合へ